大学紹介
入試・入学
学部・短大・大学院
研究
就職・キャリア
​学生生活
​留学・国際交流
地域連携・社会貢献

被服学科

学科紹介

学科紹介の画像

「被服と人間・社会・環境との関わり」を総合的に学ぶ

被服学科では、被服の素材から最終製品にいたる企画・設計・造形・ビジネス領域までを理解すると同時に、被服と人間・社会・環境との関係を理解することにより、本当の価値を見出し、自ら考え行動する女性を育てます。

学びの特徴

学科のポイント

POINT.1

基礎から専門的な内容まで段階的に学べるカリキュラム

授業は「自分で経験し理解する」参加型が中心。基礎から高度な専門的内容まで、データサイエンスなどの視点も取り入れながら、幅広く将来につながる生きた知識を身に付けることができます。

POINT.2

「被服学コース」と「ファッション環境マネジメントコース」

「被服学コース」では、アパレル産業におけるスペシャリスト(専門職)を、「ファッション環境マネジメントコース」では、ファッション産業のほか、より広範囲なビジネス領域で貢献できる人材(総合職)を育成します。

POINT.3

実験に最適な施設を整備し、学外活動に対応した学びも用意

一人一人の学びに合わせて活用できる、被服造形実習室や材料実験室、染色実験室など、さまざまな環境が整っています。また、展覧会見学などの学外活動や、企業・外部団体との連携活動も行っています。

学びのTOPIC

授業紹介

立体裁断

衣服造形の手法であるドレーピングにより、人台に直接布を当て、体型に沿わせてゆとりを入れ、美的効果を判断しながら行います。身頃原型や袖・衿、スカートなどの基本的シルエットを学びます。

テキスタイル分析

代表的な分析機器の測定原理をはじめ、測定から得られるデータの取り扱いや可視化について学びます。さらに、実際に機器を用いた実験を通して、原理とその使用法を理解し、データの解析をします。

色彩学

ファッションやインテリア、デザインの各分野に密接する色彩の基礎理論を、色彩科学の見地から修得します。色彩検定2・3級の配色、パーソナルカラーなどについて学習し、中には色彩検定1級を取得する学生もいます。

カリキュラム

カリキュラム画像

※資格関連科目については資格関連科目(諸課程科目)ページで確認してください。

卒業後の進路

主な就職先

【試験・検査機関】カケンテストセンター/ボーケン品質評価機構 【教員】東京都教育委員会/栃木県教育委員会/千葉県教育委員会 【製造】資生堂/日本金属/ベイクルーズ/横河電機/ラコステ ジャパン/ローム 【卸売・小売】アダストリア/アニエスベージャパン/アルページュ/イング/小田急百貨店/さが美/しまむら/西川/ピーアンドエム/フェイラージャパン/Francfranc/マッシュホールディングス/三井物産スチール/菱電商事/ユザワヤ商事/ユナイテッドアローズ/ヨックモック/ラルフローレン/レリアン/ロエベ ジャパン/ワークマン 【建設】大成建設/トーエネック/三井デザインテック 【情報通信】NECソリューションイノベータ/ビーエスフジ/USEN-NEXT HOLDINGS 【運輸】ANA沖縄空港 【金融・保険】城北信用金庫/水戸信用金庫/明治安田生命保険/あいおいニッセイ同和損害保険/日産フィナンシャルサービス 【不動産・物品賃貸】住友不動産販売/高見/三菱地所コミュニティ 【宿泊・飲食サービス】ザ・キャピトルホテル 東急/スターバックス コーヒー ジャパン 【生活関連サービス】オリエンタルランド 【サービス】三井物産フィナンシャルマネジメント/宝塚舞台

※過去3年分から抜粋

主な進学先

大妻女子大学大学院/群馬大学大学院

※過去3年分から抜粋

取得できる資格

科目履修で取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 中学校教諭一種免許状(家庭)
  • 博物館学芸員
  • 1級衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)
  • レクリエーション・インストラクター

目指せる資格

  • 繊維製品品質管理士(TES)
  • 知的財産管理技能検定
  • 販売士検定
  • 色彩検定
  • きもの文化検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • ファッション販売能力検定

卒業研究テーマ

  • VRを用いたデジタルファッションショーの提案とブランド企画
  • 訪問着の製作と友禅染について
  • ジェルネイルの研究 赤外吸光分析による光重合過程の解析
  • ウェディングドレスの制作 ―小柄女性を美しく魅せる―
  • 脳活動から評価した消臭抗菌性マスクの効果
  • ジェンダー観と被服行動の関連性についての考察と高等学校家庭科の授業提案
  • アパレルの持続可能なビジネスモデルと消費者の購買行動に関する研究
  • ショップ袋を通して考える消費生活と資源循環
  • ルノワールの絵画から読み取る帽子の表象

※2021年度テーマから抜粋

卒業生の声

株式会社オリエンタルランド

H・Y さん 被服学科
2020年3月卒業/埼玉県私立大妻嵐山高等学校出身

多くのゲストを笑顔にするために衣装から世界観を伝えていきます

――被服学科を選んだ理由を教えてください。

高校在学中にミュージカルを観劇したことがきっかけで服飾や衣裳に興味を持ち、被服学科を志望しました。衣装デザインや絵を描くことが好きで、高校の体育祭ではお揃いの衣装制作をデザインから担当していました。

――学生時代で印象に残っている思い出を教えてください。

製作や実験の授業です。先生や助手の方のサポートが手厚く、わからないところがあれば丁寧にサポートしてくださったことが思い出です。

――現在の仕事や会社を志望した理由を教えてください。

舞台衣裳に携わることで、さまざまな人を笑顔にできると考えたからです。学外のサークル活動でミュージカルの舞台衣装を製作した経験から、服飾の企画から生地の選定、デザイン、製作までを手掛ける仕事に携わりたいと思い、オリエンタルランドと出会いました。

――現在の仕事内容を教えてください。

コスチュームコーディネーターとしてテーマパークのショーで着用するコスチューム製作の生産管理を行っています。具体的には、担当するイベントに関して工程スケジュールと予算計画を立て、納期まで工程通りに進行できるように関係各所との調整を行う業務です。デザイナーから上がってきたデザインが実際に製作できるのかを検討したり、生地を選んだり、製作者との打ち合わせやサンプル衣装の確認など、イベントオープンの日に向けて業務は多岐にわたります。衣装使用後の保存管理も担当業務です。ショーがオープンし、テーマパークに訪れるゲストの皆さんが喜んでくださる姿を見るときにやりがいを感じます。また、着用した出演者から「着やすい!」「かわいい!」という声を聞けるのも喜びです。

――大妻での学びは、どのように生かされていますか。

服の仕様や繊維、色彩やデザインなど服飾に関して多面的に学べたことが今につながっています。製作だけでなく、特に繊維材料や加工について学んだことで繊維特性が理解できるようになり、自分を成長させてくれたと感じます。さらに、帽子や靴、ひいては化粧を含む被服が、人にどのような印象を与えるのかを心理学的な面から研究したことも、今の仕事に生きています。

――今後の目標や抱負を教えてください。

衣装は打ち出したいテーマや世界観を表す大切なアイテムです。テーマパークに訪れるゲストをもっと笑顔にできるように、知識やスキルを磨き続けていきたいと思います。