大学紹介
入試・入学
学部・短大・大学院
研究
就職・キャリア
​学生生活
​留学・国際交流
地域連携・社会貢献

人間福祉学科

学科紹介

学科紹介の画像

福祉マインドを多様な分野で生かすプロフェッショナルになる

多様化する社会では競争力だけでなく共生力が必要とされています。福祉分野からビジネスの世界まで見渡し、生活上のさまざまな問題を自分で考え行動できる人材を、多彩な実践的授業で育成します。

学びの特徴

学科のポイント

POINT.1

福祉の専門職を目指して資格を取得

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士など科目選択によっては、ダブル資格の取得が可能(国家試験受験資格取得)であるほか、福祉レクリエーション・ワーカーなど、さまざまな資格を目指せます。

POINT.2

福祉の学びを生かした幅広い進路選択

福祉施設、医療機関、社会福祉協議会、福祉関連企業、公務員のほか、さまざまな分野の一般企業でも活躍できる人材育成を目指し、7つの履修モデルを提示。福祉を専門的に学んで生かす幅広い進路を応援しています。

POINT.3

少人数制によるきめ細かい指導

1年次での基礎セミナー、2年次での演習、3・4年次での専門ゼミ、演習など少人数による授業が多いのも人間福祉学科の特徴です。体験し、考え、話し合うことで「教わる」だけでなく自ら「学ぶ」姿勢を身に付けます。

POINT.4

新しいスペシャリストの養成プログラム実施

福祉現場と連携し、2年次に体験実習、3年次の現場実習へと段階的に指導します。さらに新しい福祉分野での活躍を期待し、4年次には子ども支援、ジョブコーチ、医療ソーシャルワーカーに特化した専門実習を実施します。

学びのTOPIC

授業紹介

医療的ケアⅠ・Ⅱ

在宅あるいは施設で暮らす高齢者や障害者に、医療的ケア(口腔、鼻腔、吸引および経管栄養)を安全・適切に実施できるよう、関連する法制度や倫理、関連職種の役割などを学び、基礎的な知識と技術を習得します。

福祉レクリエーション援助技術

高齢者や障害者など個々の状況に応じたコミュニケーション技法と対人援助技術を習得し、さまざまな形で展開される福祉レクリエーションサービスについて理解を深めます。

精神保健福祉援助実習Ⅰ・Ⅱ

病院と障害者施設などでの1カ月間の実習を通し、精神保健福祉士として必要な知識・技術・倫理について実践的に学びます。相談面接や診察に同席したり、実際に支援計画の作成などを行ったりします。

カリキュラム

カリキュラム画像

※資格関連科目については資格関連科目(諸課程科目)ページで確認してください。

卒業後の進路

主な就職先

【公務員】岩手県/神奈川県/東京都/川崎市/西東京市/本庄市/町田市/真岡市/横手市/板橋区/渋谷区/豊島区/中野区 【医療・福祉】泉会/IMSグループ/ウェルビー/雲柱社/ドルカスベビーホーム/永福南社会福祉ガーデン/シルバーウッド 銀木犀/生活クラブ/特別養護老人ホーム飛鳥晴山苑/船員保険会/SOMPOケア/東京リハビリテーションセンター世田谷/トーマツチャレンジド/どろんこ会 子ども発達支援センター/ニチイケアパレス/日本ステリ/ハーフ・センチュリー・モア/ベネッセスタイルケア/ポピンズ/三鷹すみれ保育園/ロングライフホールディング/横浜やまびこの里 【製造】九鬼産業/日本精工 【情報通信】MS&AD事務サービス/ゼンリン/明治安田システム・テクノロジー 【運輸】日本通運 【卸売・小売】イトーヨーカ堂/日本調剤/ヤギ/横浜冷凍 【金融・保険】日本銀行/群馬銀行/栃木銀行/長野県信用組合/住友生命保険/明治安田生命保険 【不動産・物品賃貸】オークラヤ住宅/三協フロンテア/三井不動産リアルティ 【宿泊・飲食サービス】日本ホテル 【サービス】KDDIエボルバ/JALナビア/東京海上日動ファシリティーズ

※過去3年分から抜粋

主な進学先

日本女子大学大学院

※過去3年分から抜粋

取得できる資格

科目履修で取得できる資格

  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 介護福祉士(国家試験受験資格)
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
  • 職場適応援助者(ジョブコーチ)
  • 福祉レクリエーション・ワーカー(学内審査)
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書

目指せる資格

  • 保育士※

※特別対策講座を開設。本学科は、保育士養成施設ではありませんが、国家試験の保育士試験を受験し、資格取得できるよう、支援しています。

卒業論文テーマ

  • 川崎市の子ども食堂の現状と課題に関する研究
  • 女性の社会進出-ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて-
  • 知的障害者の地域での自立した生活を支える支援の在り方
  • 出生前診断の現状と今後の課題
  • 島根県邑南町の事例からみる過疎地域における持続可能な地域活性化
  • 日本のジェンダー平等実現のために-スウェーデン・イエメンと比較して-
  • まちに隠れたゴミ屋敷-当事者の背景と支援
  • ヤングケアラーから若者ケアラーへ-ある当事者の語りから-
  • 山梨県における高齢者の孤立予防と対策について
  • ひとり親家庭への保育園からの支援 ~父子家庭に着目して~

※2021年度テーマから抜粋

卒業生の声

川崎市役所

畠山 彩 さん 人間福祉学科
2019年3月卒業/青森県立三戸高等学校出身

大学で学んだ知識を生かし生活支援を行っています

――人間福祉学科を選んだ理由を教えてください。

中学生の頃に、特別支援学級の掃除当番を担当したことがきっかけで、福祉に対して興味を持つようになりました。大妻を志望したのは、学びの幅が広く、多様な側面から福祉課題にアプローチできる知識やスキルを身に付けられると感じたからです。また、オープンキャンパスの体験授業で、機械浴の介助の方法を体験した際、私たちにも実際に機械を操作させてくださり、そうした実践的な授業内容にも魅力を感じました。

――学生時代で印象に残っていることを教えてください。

授業で高齢者体験をしたことが印象に残っています。車椅子に乗ったり、白内障の視界を再現するゴーグルを装着してキャンパス内を一周してみたり、高齢者の方々の苦労が自分の想像を遥かに超えていることを実感しました。

――学生時代、特に力を入れた研究分野やテーマを教えてください。

学生時代は、特に生活困窮者や生活保護受給者に対する支援について興味があったので、卒業論文では生活保護費の不正受給をテーマに研究しました。 また、国家資格である社会福祉士の資格も取得しました。人間福祉学科のカリキュラム自体が資格取得に特化した内容になっているため、周りに同じ目標を持つ友人も多く、お互いに励まし合いながら勉強に取り組んでいました。

――就職活動の様子を教えてください。

公務員になりたいと考えていたため、3年生の2〜3月頃から気になる自治体の説明会に参加し始めました。面接対策では、ゼミの先生が模擬面接をしてくださったことを覚えています。実際の公務員試験の内容を想定した具体的な質問を用意してくださり、私たちの就職活動を全力でサポートしてくださいました。 筆記試験対策に関しては、授業で学んだことで内容をカバーすることができたので、授業の復習を中心に対策しました。試験直前には学内で模擬試験が何度も開催され、中には本番の試験でそのまま出題された問題も。学内のサポートを大いに活用し、試験に合格することができました。

――現在の仕事や会社を志望した理由を教えてください。

在学中は川崎市に住んでいて、身近に感じていたからです。また、政令指定都市である川崎市は、さまざまな行政サービスの権限が都道府県から譲渡されており、市民や地域に対してより密着した支援ができる点も魅力でした。

――現在の仕事内容を教えてください。

生活困窮に陥った方々に対する総合的な生活支援を行っています。主な業務は生活保護費の計算で、相談者の収入や年齢、世帯人数、障害の有無など、細かい基準と照らし合わせながら保護費の額を算出しています。 また、受給者の方と面談をしたり、実際に自宅を訪問したりすることで、状況に変化がないか定期的な確認も行っています。

――仕事のやりがいを教えてください。

受給者の方々の社会復帰がかなったときに、最もやりがいを感じます。ご病気で就労が難しかった方に、段階を踏みながら根気よく支援を続けた結果、就労につながり、生活保護が必要なくなったときは本当にうれしかったです。

――大学での学びはどのように生かされていますか。

大学で学んだ福祉の専門知識は、業務を行う上で大切な基礎になっています。また、授業中のグループワークで初対面のメンバーと課題を解決した経験は、多くの支援機関と協力しながら業務を進める現在の仕事で大いに生きていると感じます。

――今後の目標や抱負を教えてください。

今後は生活困窮者の支援だけではなく、児童や高齢者など福祉のさまざまな分野に携わり、複雑な福祉課題を総合的に解決することができる人材になりたいと考えています。