大学紹介
入試・入学
学部・短大・大学院
研究
就職・キャリア
​学生生活
​留学・国際交流
地域連携・社会貢献

ボランティア活動

ボランティア活動に対する意識は年々高まってきています。ボランティア活動は、特別な資格や経験を必要とするものではありません。「ボランティアをしたい」という気持ちが大切です。
本学では学内、外からのボランティア情報を提供しています。依頼のあったものについては、学生担当部署の掲示などでお知らせします。 本学が提供する学外から依頼のあったボランティア情報は、安全性、活動内容など全て保証するものではありません。

ボランティアの情報収集

ボランティアといっても、地域や障害を持つ方への支援、開発途上国に対しての支援などさまざまな種類があります。まずインターネットなどで情報を収集し、自分にできることから活動を始めてみましょう。

ボランティアをするにあたっての注意事項

ボランティアをするにあたって、次のことに注意しましょう。

  1. 始める前に、活動内容・様子などの話を聞きましょう。
  2. 自分にできることを、無理のない範囲で始めましょう。
  3. 基本的なルールは守りましょう。
  4. ボランティア先で困ったことなどがあった場合は、1人で悩まずに相談しましょう。
  5. ボランティア活動保険に必ず加入しましょう。 ボランティア活動保険に関する問い合わせは、最寄りの社会福祉協議会等へ問い合わせてください。 ボランティア活動保険で補償される例 国内におけるボランティア活動中の偶然な事故により
    1. 学生本人がけがをした場合
      • ボランティア活動中に転倒し、けがをしてしまった
      • ボランティア活動に向かう途中、交通事故にあってしまった
    2. 対象者などの第三者の身体、財物などに損害を与え、賠償責任を負った場合
      • ボランティア活動中に、誤ってお年寄りにけがをさせてしまった
      • 自転車でボランティア活動に向かう途中に、誤って他人にけがをさせてしまった

ボランティア活動届

ボランティア活動に参加するときは、事前に「ボランティア活動届」を学生担当部署に提出してください。

ボランティア活動事例

千代田区キャンパスコンソ

千代田区キャンパスコンソとは千代田区内の5大学(大妻女子大学・大妻女子大学短期大学部、共立女子大学・共立女子短期大学、東京家政学院大学、二松学舎大学、法政大学)が千代田区や地域産業界などと連携し、「単位互換」、「合同ボランティア」、「地域振興支援活動」などさまざまな取り組みを行い、学生の参画意識の醸成や地域の活性化を目指すものです。