外国人留学生の学費減免・奨学金 | 大妻女子大学  
大学紹介
入試・入学
学部・短大・大学院
研究
就職・キャリア
​学生生活
​留学・国際交流
地域連携・社会貢献

外国人留学生の学費減免・奨学金

外国人留学生の学費

大妻女子大学では私費外国人留学生の学生納付金減免制度を設けており、1年次の学納金のうち入学金、授業料、教育充実費が正規金額の半額になります。

学生納付金納付額(日本人学生)学生納付金
減額率
納付額(外国人留学生)
入学金250,000 円 50%

125,000 円
授業料(年額) 695,000~775,000 円 347,500~387,500 円
教育充実費(年額)410,000~420,000 円 205,000~210,000 円

※1専攻費、保健費、学生傷害保険料、千鳥会費、学友会費、記念会会費、冷暖房費等の減免は行いません。

学費については、以下をご覧ください。

外国人留学生の学費減免・奨学金

大妻女子大学には、私費外国人留学生を対象とした「学生納付金減免」と「奨学金」があります。「学生納付金減免」は大学1年生、短期大学部1年生、修士課程1、2年生および博士後期課程1、2、3年生が対象です。「奨学金」は大学2、3、4年生および短期大学部2年生が対象です。
内容は変更になる可能性があります。詳細は国際交流支援グループにお問い合わせください。

対象減免 奨学金
大妻女子大学私費外国人留学生
学生納付金減免
(大学・短期大学部)
大妻女子大学私費外国人留学生
学生納付金減免
(大学院)
大妻女子大学私費外国人留学生奨学金
大学1年
大学2年
大学3年
大学4年
短大1年
短大2年
修士1、2年
博士1~3年

学費減免

大学・短期大学部

対象

大学および短期大学部1年生

申請要件

以下のいずれにも該当する者を対象とする。

  1. 大妻女子大学及び大妻女子大学短期大学部に入学を許可された私費外国人留学生で「留学」の在留資格を有する者又は有する予定の者。
  2. 経済的に困難な事情のある者。
学生納付金の減免額

審査の上、減免申請が認められた場合、以下の金額が減免される。

  • 入学金の50%
  • 授業料の50%(入学年度の前期・後期分のみ)
  • 教育充実費の50%(入学年度の前期・後期分のみ)

※家計等の収入基準として「JASSO 第二種奨学生推薦収入基準」を援用。

減免期間

1年間

減免を認められた者は全て、指定の期日までに入学金および前期分の授業料・教育充実費を全額納入するが、前期中にその50%が返金される。後期分は授業料・教育充実費の50%を納入する。

大学院

対象

修士課程1年生、2年生および博士後期課程1年生、2年生、3年生

申請要件

以下のいずれにも該当する者を対象とする。

  1. 大妻女子大学大学院に入学を許可された、または在籍する私費外国人留学生で「留学」の在留資格を有する者又は有する予定の者。
  2. 経済的に困難な事情のある者。
学生納付金の減免額

審査の上、減免申請が認められた場合、以下の金額が減免される。

  • 入学金の全額(※1)または5割(※2)
  • 授業料の全額(※1)または5割(※2)
  • 教育充実費の全額(※1)または5割(※2)

※1 家計等の収入基準として「JASSO 第一種奨学生推薦収入基準」を援用。
※2 家計等の収入基準として「JASSO 第二種奨学生推薦収入基準」を援用。

減免期間

修士課程に入学を許可された者については2年、在籍する者は1年、博士課程に入学を許可された者については3年、在籍する者は2年または1年、をそれぞれ限度とする。

減免を認められた者は全て、指定の期日までに入学金および前期分の授業料・教育充実費を全額納入するが、前期中にその50%が返金される。後期分は授業料・教育充実費の50%を納入する。

私費外国人留学生奨学金

対象

大学2年生、3年生、4年生および短期大学部2年生

申請要件

本学に留学生として1年以上在籍し、経済的に困難な事情のある者で、引き続き本学に在籍する留学生を対象とする。
※家計等の収入基準として「JASSO 第二種奨学生推薦収入基準」を援用する。

奨学金給与額

奨学生に対する給与額は、前年度1年間のGPAにより留学生を上位の1ランクから下位の4ランクに区分し、以下のとおり給与する。

奨学金GPA 年額
1 ランク4.00〜3.50450,000 円
2 ランク 3.49〜3.00400,000 円
3 ランク 2.99〜2.50300,000 円
4 ランク 2.49〜2.00200,000 円

※半年間在籍の場合は、上記で定める給与額の半額とする。
※給与額は前年度の成績により毎年見直しを行い決定する。
※奨学生が、留学期間中に中途退学した場合には、学長は本人に対し既に支給した奨学金の一部又は全部を返還させる。

支給期間

1年間

奨学金の給与が認められた者は全て、指定の期日までに前期分の授業料・教育充実費を全額納入するが、前期中に奨学金年額の半期分が返金される。後期分は授業料・教育充実費と奨学金年額の半期分の差額を納入する。

関連規程