大学紹介
入試・入学
学部・短大・大学院
研究
就職・キャリア
​学生生活
​留学・国際交流
地域連携・社会貢献

社会情報学科 情報デザイン専攻

専攻紹介

学科紹介の画像

情報とデザインを融合させ、これからの新しい社会を切り拓(ひら)く

情報デザインの役割は、効果的なデザインを通して、情報の持つ社会的価値を最大限に高めることです。情報デザイン専攻では、情報とシステムおよびデザインの基本的な知識を学修するとともに、社会で役立つ実践的な情報デザイン能力を養います。

学びの特徴

学科のポイント

POINT.1

情報システムとデザインの基礎を身に付ける

高度な情報処理の知識と技術を兼ね備えるために、基本的知識を習得します。初歩から学べるので、確実に身に付けることができます。

POINT.2

コミュニケーション重視の情報システムを学習

人と人とのコミュニケーションを大切にした情報システムが学べます。利用者が何を求めているのかを的確に理解し、有効な情報システムを設計し開発できる総合的な能力を育みます。

POINT.3

実用的な情報デザインを充実した環境で学ぶ

プロが使うソフトウェア環境を用意。充実した環境のもと、映像、Web、音響、コンピュータ・グラフィックスやゲームについて、実社会に役立つデザインの表現技術を学ぶことができます。

学びのTOPIC

授業紹介

スマートデバイス論

スマートフォンを傾けると画面が見やすい向きに自動的に変わります。そのような、近年発展の著しい知的に振る舞う装置を可能にするセンサーなどの基礎技術を学びます。知的な装置の代表であるロボットも登場します。

感性デザイン及び演習

ヒトとモノが関係したときの心の動きに着目し、より望ましい体験にするためのユーザーエクスペリエンスデザイン(UXD)に取り組みます。グループでテーマを調査し、ディスカッションを通して新たなデザインを提案します。

認知科学

人が情報をどのように理解するかという観点から人間の認知の仕組みと働きを学びます。例えば、感覚の統合によって引き起こされる錯覚や、注意や記憶などの認知の特徴を学び、情報デザインを考えます。

カリキュラム

カリキュラム画像

※資格関連科目については資格関連科目(諸課程科目)ページで確認してください。

卒業後の進路

主な就職先

【製造】アイリスオーヤマ/KOA/ディスコ/日本製鉄/パナソニック システムソリューションズ ジャパン/日立情報通信エンジニアリング/PFU/本田技研工業 【情報通信】ISID-AO/NECソリューションイノベータ/NTTデータ/NTTデータアイ/NTTデータシステム技術/NTTドコモ/NTT東日本/ENEOSシステムズ/キヤノンITソリューションズ/さくら情報システム/シーイーシー/GMOインターネット/CTCシステムマネジメント/商工中金情報システム/ソフトバンク/SOMPOシステムズ/DTS/東京海上日動システムズ/東芝情報システム/ニフティ/日本電気通信システム/日立社会情報サービス/日立ソリューションズ/三井情報/三菱総研DCS 【運輸】全日本空輸/日本航空 【卸売・小売】システナ/タニタ/東京エレクトロンデバイス/トゥモローランド/富士フイルムイメージングシステムズ/富士フイルムビジネスイノベーションジャパン 【金融・保険】京葉銀行/明治安田生命保険 【専門サービス】アクセンチュア/あずさ監査法人/NTTアドバンステクノロジ 【生活関連サービス】コナミホールディングス 【医療・福祉】国立病院機構 【サービス】SBテクノロジー/ぐるなび/KDDIエボルバ/CTCテクノロジー/テレビ朝日メディアプレックス 【公務員】海上自衛隊

※過去3年分から抜粋

主な進学先

信州大学大学院

※過去3年分から抜粋

取得できる資格

科目履修で取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
  • 学校図書館司書教諭
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • レクリエーション・インストラクター

目指せる資格

  • 基本情報技術者試験※
  • ITパスポート試験※

※特別対策講座を開設。詳細は資格取得支援ページをご確認ください。

卒業研究テーマ

  • 通信機能付きペンライトを用いたオンラインライブの満足度の向上に関する研究
  • マスク生活が保育環境や乳幼児の発達に及ぼす影響
  • ダストセンサーを用いた掃除管理LINE Botアプリ
  • 表情に基づいたストーリー分岐の可能性
  • 人工知能を用いた眼鏡形状とテクスチャの合成
  • 自動運転音声補助システムの提案
  • 沖縄県の産業廃棄物税(リサイクル促進)条例の評価
  • TensorFlowを用いた転移学習による画像分類
  • プロジェクションマッピングを用いた身体を動かすリズムゲーム制作

※2021年度テーマから抜粋

卒業生の声

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)

原田 莉子 さん 情報デザイン専攻
2020年3月卒業/東京都私立大妻中野高等学校出身

ペーパーレス化から獣害対策までICTを駆使して課題を解決

――情報デザイン専攻を選んだ理由を教えてください。

父がシステムエンジニアだった影響で、もともと情報分野に興味がありました。高校生になってスマートフォンを持ち、アプリやゲームをより身近に感じたことで、その仕組みを詳しく知り自分でも作ってみたいと考え、情報デザイン専攻を選びました。

――学生時代に力を入れたこと、印象に残っていることを教えてください。

プログラミングを学ぶゼミに所属し、3人のメンバーで心拍センサーを利用した照明コントロールについて研究したことです。ウェアラブル端末を用いてユーザーの心拍数をリアルタイムに取得し、その数値に連動して照明の色が徐々に切り替わっていくプログラムを作りました。 このテーマを設定したのは、デジタル技術を駆使した体験型ミュージアムに遊びに行ったことがきっかけでした。色とりどりの照明が瞬く空間がとても美しく、「プログラミングを使って照明を操作しているのだろうな」と気付き、私たちも光を扱う研究がしたいと考えました。

――研究を通して、どのように成長しましたか。

チームでの研究だったので、メンバー同士でスケジュールや進捗を共有しながら研究を進める必要がありました。計画通りに進まない場合も考慮して余裕のある日程を組むなど、期日までにゴールに至るための計画性が身に付きました。また、目標を達成するためには今何をすべきか、その行動がプロジェクト全体にどう影響するかを見極める力も習得できたと思います。

――現在の会社や仕事を志望した理由を教えてください。

大学で学んだプログラミングの知識を生かしたいと思い、業界はIT系に絞り、職種は企画提案も行えるシステムエンジニアを中心に探しました。 さまざまな会社を見学できるのは就職活動の時期だけだと考え、長期・短期に関わらず多数のインターンシップに参加。その中で、東日本電信電話はICTを活用して地方創生にも貢献していると知りました。祖父母の家が田舎にあったため、大きな病院が遠く通いにくいなど、地方ならではの課題があると幼い頃から感じていました。この会社ならICTの力で地方の不便さを解消できるのではないかと魅力を感じ、入社しました。

――現在の仕事内容を教えてください。

システムエンジニアとして、自治体が抱える多様な課題を、ICTを用いて解決しています。ペーパーレス化やネットワーク環境に関する提案・工事・サポートのほか、鳥獣による被害から農作物を守るためセンサーを利用して効率的に罠(わな)を仕掛けるなど、一次産業を支援することもあります。

――仕事のやりがいを教えてください。

お客さまのお困りごとをヒアリングし、お客さまにも見えていない潜在的な課題を見つけ、相手の立場に寄り添って解決へと導くことができたときにやりがいを感じます。

――大妻での学びはどのように生かされていますか。

プログラミングの知識が業務に直結しているのはもちろんですが、色使いなどデザインに関する学びも、提案資料を作成する際に大変役立っています。また、先生方に親身になってご指導いただいた経験から、分からないことは素直に聞き、学びを深める姿勢が大切だと気付きました。

――今後の目標や抱負を教えてください。

ネットワークや情報通信技術の知識をさらに蓄積したいです。確かな知識と技術を持ち、お客さまの悩みに対して適切な提案ができるシステムエンジニアを目指しています。