日本文学科 | 大妻女子大学  
大学紹介
入試・入学
学部・短大・大学院
研究
就職・キャリア
​学生生活
​留学・国際交流
地域連携・社会貢献

日本文学科

学科紹介

学科紹介の画像

「日本語」と「日本文学」を通して深い教養と豊かな情操を育成する

日本文学科では、日本文学、日本語学、漢文学の各分野における専門教育を進めています。古代から近・現代文学まで、その時代に生きた人々の「ことば」と「文学」を通して、豊かな人間性と教養を身につけ、人間理解を深めます。

学びの特徴

学科のポイント

POINT.1

豊かな人間性と教養を身につけ、人間理解を深める

詩歌・物語・小説・評論などその時代に生きた人々の「ことば」と「文学」を通して、日本語の美しさや文化の歴史が再発見できることでしょう。日本文学科では、豊かな人間性と教養を身につけ、人間理解を深めます。さらに、他者に向かって発信できる日本語運用能力の向上を目指します。

POINT.2

各自の興味に応じて研究を深められる環境

古代から近・現代文学まで、あらゆる時代・ジャンルの教員をそろえ、一人ひとりの興味に応じて研究を深められる体制が整っています。日本文学・日本語史研究に欠かせない「変体仮名読解」が1年次で必修となっているのも特色です。

POINT.3

基礎から応用へ、講義・講読・演習を通して広がる学び

入学してまず「基礎ゼミ」「日本古典文学入門」「漢文学入門」で基礎づくり。2年次からは多彩な講義・講読・演習で順次応用力を養い、自分の力で作品研究に取り組みます。3年次からの「卒業論文ゼミ」は卒業論文の作成まで、きめ細かく指導を行います。

学びのフィールド

学びのイメージ画像

学びのTOPIC

授業紹介

変体仮名読解

漢字を発展させて完成された「変体仮名」は、日本語表記の飛躍的な進歩と古典文学を生み、近・現代の文化へと継承されてきました。古典から近代への橋渡しを担った「変体仮名」を学び、日本の文化に触れます。

書誌・出版

書物をモノとして研究対象とする「書誌学」の授業では、実際にいろいろな書物を手に取って観察してみます。内容の文学性ではなく、書物そのものを研究対象とし、書物の部位の名称、装丁の種類、書物の歴史などを学びます。

中古文学講義

平安文学の背景となる歴史や文化を講義します。貴族邸宅の寝殿造を平面図で視覚的に理解したり、装束やさまざまな調度品などの説明も絵巻や図版を使用し学びます。こうした知識をもとに、文学作品を読んでいきます。

カリキュラム

カリキュラム画像

※資格関連科目については資格関連科目(諸課程科目)ページで確認してください。

卒業後の進路

主な就職先

【漁業】マルハニチロ【 建設】日立プラントサービス【 製造】デンカ/東ソー/日本金属/パナソニック ライフソリューションズ社/三菱日立ツール/HOYA/フタバ食品/吉野石膏/CKD/プロネクサス/小倉クラッチ/タチエス【 情報通信】NTTテクノクロス/KDDIエボルバ/コナミホールディングス【 運輸】JALスカイ/キリングループロジスティクス【 卸売・小売】エフピコ商事/ヤマタネ/三菱食品/立花エレテック/エフ・ディ・シィ・フレンズ(4℃)/菱洋エレクトロ【 金融・保険】みずほフィナンシャルグループ/三菱UFJ銀行/りそなホールディングス/千葉銀行/北陸銀行/多摩信用金庫/SMBC日興証券/第一生命保険/日本生命保険/あいおいニッセイ同和損害保険 【不動産・物品賃貸】三井不動産リアルティ/住友不動産販売/東急リバブル/野村不動産パートナーズ/ミサワホーム不動産/高見 【教育・学習支援】日本書道美術館 【教員】千葉県教育委員会/東京都教育委員会/佐藤栄学園/東海大学付属浦安高等学校・中等部 【医療・福祉】東京都福祉保健財団 【複合サービス】日本郵便/茨城むつみ農業協同組合 【サービス】三菱電機ビルテクノサービス/みずほトラストオペレーションズ

主な進学先

大妻女子大学大学院

取得できる資格

科目履修で取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 学校図書館司書教諭
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • レクリエーション・インストラクター

卒業論文テーマ

  • 天武天皇挽歌―持統と吉野―
  • 和泉式部の歌世界―「月」に焦点を当てて―
  • 『源氏物語』の「明かり」の機能
  • 星に縋すがる歌、その心の内―『建礼門院右京大夫集』七夕歌群より―
  • 『平家物語』における木曽義仲
  • 『耳袋』妖獣譚考―猫の怪異を中心に―
  • 明治時代の書生―『当世書生気質』の書生言葉と人物の造型―
  • マリイをめぐる狂・恋・死―森鷗外『うたかたの記』論―
  • 宮沢賢治の擬人観について―人間界と動物界の境界線―
  • 太宰治『女生徒』の〈私〉―『有明淑日記』と小説の比較―
  • 女中の役割―『小さいおうち』における戦争と恋愛―
  • 役割語と属性表現の関係について
  • 白居易の感傷詩について

各情報