修士課程 | 大妻女子大学  
大学紹介
入試・入学
学部・短大・大学院
研究
就職・キャリア
​学生生活
​留学・国際交流
地域連携・社会貢献

修士課程

大妻女子大学大学院の修士課程(学内選考/社会人特別選抜/一般選抜/外国人留学生入学試験)の、入学者選抜の基本方針、出願要件、選考方法、日程、募集人員、試験会場、入学検定料、募集要項、FAQについて紹介しています。

学内選考(修士課程)

入学者選抜の基本方針

本学学部での学業成績および本学教員の推薦に基づき、学力試験を免除し、提出された書類および各専修のアドミッション・ポリシーに準拠した口述試験等の結果を総合して評価する。

出願要件

以下1.~4.の要件を全て満たしている者

  1. 令和4年3月大妻女子大学を卒業見込みの者
  2. 学部3年後期までのGPA(通算)が、2.6 以上である者(編入学した者も同じ)
  3. 本学専任教員の推薦がある者
  4. 出願時において学費を滞納していない者

選考方法

人間生活科学専攻、言語文化学専攻、現代社会研究専攻は、口述試験および提出書類等を総合して判定します。
臨床心理学専攻は、グループ・ディスカッション(要旨の記述を含む)、口述試験および提出書類等を総合して判定します。

日程および募集人員

専攻・専修募集人員出願期間[締切日郵送必着]試験日合格発表日入学手続締切日
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修定員 12 名のうち若干名7/1(木)~ 7/7(水)7/17(土)7/21(水)
10:00~
7/29(木)
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修定員 8 名のうち若干名
英語文学・英語教育専修
国際文化専修
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修定員 6 名のうち若干名
臨床社会学専修
臨床心理学専攻定員 6 名のうち若干名

※学内選考は出願書類のみ窓口提出可(日曜および祝日を除く。受付時間は事務窓口取扱時間に準じる。)

試験科目

専攻・専修口述試験
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修13:00 ~
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修
英語文学・英語教育専修
国際文化専修
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修
臨床社会学専修
専攻グループ・ディスカッション(要旨の記述を含む)および口述試験
臨床心理学専攻11:00 ~

試験会場

千代田キャンパス [人間生活科学専攻、言語文化学専攻]
多摩キャンパス [現代社会研究専攻※、臨床心理学専攻]

※現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修の主な履修地は千代田キャンパスですが、試験場および出願先は多摩キャンパスとなりますので、ご注意ください。

入学検定料

35,000円

募集要項/大学院案内

大学院入試FAQ

関連リンク

社会人特別選抜(修士)

入学者選抜の基本方針

大学卒業後の社会人としての経歴などを斟酌し、各専修の教育方針に適合した人物であるか提出書類、小論文および口述試験により志願者の能力・適性・学習意欲等を総合して評価する。

出願要件

以下1.または2.のいずれかの要件に該当する者

  1. 以下(1)~(8)のいずれかの要件に該当し、その要件を満たした後、令和4年3月31日までに2年以上経過している者
    1. 大学を卒業した者
    2. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
    3. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16 年の課程を修了した者
    4. 大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者
    5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者
    6. 外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について、当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において、修業年限が 3年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了することおよび当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により、学士の学位に相当する学位を授与された者
    7. 専修学校の専門課程(修業年限が 4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
    8. 文部科学大臣の指定した者
  2. 本学大学院において、個別の入学資格審査により、「大学を卒業し、2年以上経過した者と同等以上の学力がある」と認めた者で、令和4年3月31日までに24歳に達した者

※上記2.の該当者は、個別の入学資格審査を行いますので、募集要項の「個別の入学資格審査」を参照し、手続してください。
※外国人留学生等は本入試を受験することはできません。外国人留学生入学試験で受験してください。

選考方法

  1. 口述試験、小論文および提出書類等を総合して判定します。
  2. 志望する専攻・専修が指定した試験科目を必ず受験してください。指定の要件に欠ける場合(試験科目のうち1 科目でも受験しなかった場合)は、受験放棄とみなし、不合格とします。

日程および募集人員

専攻・専修募集人員出願期間[締切日郵送必着]試験日合格発表日入学手続締切日
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修定員 12 名のうち若干名7/1(木)~ 7/7(水)7/17(土)7/21(水)10:00~7/29(木)
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修定員 8 名のうち若干名
英語文学・英語教育専修
国際文化専修
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修定員 6 名のうち若干名
臨床社会学専修

試験科目

専攻・専修筆記試験口述試験
10:00 ~ 12:0013:00 ~
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修小論文(専修に関係する領域)口述試験
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修小論文(専修に関係する領域)
英語文学・英語教育専修
国際文化専修
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修小論文(情報コミュニケーションおよび関連領域)
臨床社会学専修小論文(社会学および関連領域)

試験会場

千代田キャンパス [人間生活科学専攻、言語文化学専攻]
多摩キャンパス [現代社会研究専攻※]

※現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修の主な履修地は千代田キャンパスですが、試験場および出願先は多摩キャンパスとなりますので、ご注意ください。

入学検定料

35,000円

募集要項/大学院案内

大学院入試FAQ

関連リンク

一般選抜(修士)

入学者選抜の基本方針

各専修のアドミッション・ポリシーに準拠した筆記試験(小論文を含む)および希望研究課題や卒業論文(修士論文)に係わる口述試験、並びに提出された書類等を総合して評価する。

出願要件

以下1~10のいずれかの要件に該当する者

  1. 大学を卒業した者および令和4年3月までに卒業見込みの者
  2. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者および令和4年3月までに修了見込みの者
  3. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者および令和4年3月までに修了見込みの者
  4. 大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者および令和4年3月までに授与見込みの者
  5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者および令和4年3月までに修了見込みの者
  6. 外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について、当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において、修業年限が3 年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了することおよび当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により、学士の学位に相当する学位を授与された者
  7. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者および令和4年3月までに修了見込みの者
  8. 文部科学大臣の指定した者
  9. 大学教育修了までの学校教育の課程が15年間である国において課程を修了した者および令和4年3月までに修了見込みの者で、本学大学院が、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
  10. 本学大学院において、個別の入学資格審査により、「大学を卒業した者と同等以上の学力がある」と認めた者で、令和4年3月31日までに22歳に達している者

※ 上記9、10の該当者は、個別の入学資格審査を行いますので、募集要項の「個別の入学資格審査」を参照し、手続してください。
※外国人留学生等は本入試を受験することはできません。外国人留学生入学試験で受験してください。

選考方法

  1. 人間生活科学専攻、言語文化学専攻、現代社会研究専攻は、筆記試験および口述試験の成績、提出書類等の審査結果を総合して判定します。
    臨床心理学専攻は、筆記試験およびグループ・ディスカッション(要旨の記述を含む)、口述試験の成績、提出書類等を総合して判定します。
  2. 志望する専攻・専修が指定した試験科目を必ず受験してください。指定の要件に欠ける場合(試験科目のうち1 科目でも受験しなかった場合)は、受験放棄とみなし、不合格とします。

日程および募集人員

Ⅰ期

専攻・専修募集人員出願期間[締切日郵送必着]試験日合格発表日入学手続締切日
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修定員 12 名のうち若干名9/9(木)

9/16(木)
10/2(土)10/7(木)
10:00~
10/13(水)
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修定員 8 名のうち若干名
英語文学・英語教育専修
国際文化専修
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修定員 6 名のうち若干名
臨床社会学専修
臨床心理学専攻定員 6 名のうち若干名

Ⅱ期

専攻・専修募集人員出願期間[締切日郵送必着]試験日合格発表日入学手続締切日
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修定員 12 名のうち若干名1/12(水)

1/19(水)
2/19(土)2/25(金)
10:00~
3/3(木)
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修定員 8 名のうち若干名
英語文学・英語教育専修
国際文化専修
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修定員 6 名のうち若干名
臨床社会学専修
臨床心理学専攻定員 6 名のうち若干名

試験科目

Ⅰ期・Ⅱ期とも共通

専攻・専修筆記試験口述試験
9:00 ~ 10:4511:00 ~ 12:0013:00 ~
※日本文学専修は9:00~10:30
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修専修に関係した専門科目英語※辞書参照可(電子辞書を除く)口述試験
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修日本文学ないし日本語学に関する小論文英語、中国語のうちから1 か国語選択 ※辞書参照可(電子辞書を除く)
英語文学・英語教育専修英米文学・英語学・英語教育学英語による小論文 ※辞書参照可(電子辞書を除く)
国際文化専修国際文化に関する小論文英語、中国語のうちから1 か国語選択 ※辞書参照可(電子辞書を除く)
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修小論文(情報コミュニケーションおよび関連領域)英語 ※辞書参照可(電子辞書を除く)
臨床社会学専修小論文(社会学および関連領域)
専攻9:00 ~ 10:0010:15 ~ 11:1511:30 ~ 12:1513:30 ~
臨床心理学専攻筆記試験(外国語)筆記試験(専門科目)グループ・ディスカッション(要旨の記述を含む)口述試験
英語 ※辞書参照可(電子辞書を除く)臨床心理学および関連領域

試験会場

千代田キャンパス [人間生活科学専攻、言語文化学専攻]
多摩キャンパス [現代社会研究専攻※、臨床心理学専攻]

※現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修の主な履修地は千代田キャンパスですが、試験場および出願先は多摩キャンパスとなりますので、ご注意ください。

入学検定料

35,000円

募集要項/大学院案内

大学院入試FAQ

関連リンク

外国人留学生入学試験(修士)

入学者選抜の基本方針

本大学院が定める出願要件を満たした上で、本大学院の建学の精神を理解し、各専修の教育方針に適合する外国人学生を、筆記試験(小論文を含む)および口述試験により総合して評価する。

出願要件

日本国以外の国籍を有し、以下1~5のいずれかの要件に該当する者で、入学時に「出入国管理及び難民認定法」に定める「留学」の在留資格を取得できる者

  1. 日本の大学・学部を卒業した者あるいは令和4年3月までに卒業見込みの者
  2. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者あるいは令和4年3月までに修了見込みの者
  3. 外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について、当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において、修業年限が3年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了することおよび当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により、学士の学位に相当する学位を授与された者
  4. 大学教育修了までの学校教育の課程が15年間である国において課程を修了した者あるいは令和4年3月までに修了見込みの者で、本学大学院が、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
  5. 本学大学院において、個別の入学資格審査により、「大学を卒業した者と同等以上の学力がある」と認めた者で、令和4年3月31日までに22歳に達している者

※上記4、5の該当者は、個別の入学資格審査を行いますので、募集要項の「個別の入学資格審査」を参照し、手続してください。
※「出入国管理及び難民認定法」に定める在留資格「永住者」もしくは平和条約国籍離脱者等入管特例法に定める「特別永住者」は本入試での受験はできません。一般選抜で受験してください。
※Ⅰ期入試において、すでに日本国内に居住し、「留学」以外の在留資格で受験を希望する方は、事前に入試グループ(千代田)にご連絡ください。
※Ⅱ期入試に出願する場合は、在留資格「留学」を有していることが必要です。

選考方法

  1. 人間生活科学専攻、言語文化学専攻、現代社会研究専攻は、筆記試験および口述試験の成績、提出書類等の審査結果を総合して判定します。
    臨床心理学専攻は、筆記試験およびグループ・ディスカッション(要旨の記述を含む)、口述試験の成績、提出書類等を総合して判定します。
  2. 志望する専攻・専修が指定した試験科目を必ず受験してください。指定の要件に欠ける場合(試験科目のうち1 科目でも受験しなかった場合)は、受験放棄とみなし、不合格とします。

日程および募集人員

Ⅰ期

専攻・専修募集人員出願期間[締切日郵送必着]試験日合格発表日入学手続締切日
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修定員 12 名のうち若干名9/9(木)

9/16(木)
10/2(土)10/7(木)
10:00~
10/13(水)
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修定員 8 名のうち若干名
英語文学・英語教育専修
国際文化専修
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修定員 6 名のうち若干名
臨床社会学専修
臨床心理学専攻定員 6 名のうち若干名

Ⅱ期

専攻・専修募集人員出願期間[締切日郵送必着]試験日合格発表日入学手続締切日
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修定員 12 名のうち若干名1/12(水)

1/19(水)
2/19(土)2/25(金)
10:00~
3/3(木)
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修定員 8 名のうち若干名
英語文学・英語教育専修
国際文化専修
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修定員 6 名のうち若干名
臨床社会学専修
臨床心理学専攻定員 6 名のうち若干名

試験科目

Ⅰ期・Ⅱ期とも共通

専攻・専修筆記試験口述試験
9:00 ~ 10:4511:00 ~ 12:0013:00 ~
※日本文学専修は9:00~10:30
人間生活科学専攻健康・栄養科学専修専修に関係した専門科目英語※辞書参照可(電子辞書を除く)口述試験
生活環境学専修
保育・教育学専修
言語文化学専攻日本文学専修日本文学ないし日本語学に関する小論文英語、中国語のうちから1 か国語選択 ※辞書参照可(電子辞書を除く)
英語文学・英語教育専修英米文学・英語学・英語教育学英語による小論文 ※辞書参照可(電子辞書を除く)
国際文化専修国際文化に関する小論文英語、中国語のうちから1 か国語選択 ※辞書参照可(電子辞書を除く)
現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修小論文(情報コミュニケーションおよび関連領域)英語 ※辞書参照可(電子辞書を除く)
臨床社会学専修小論文(社会学および関連領域)
専攻9:00 ~ 10:0010:15 ~ 11:1511:30 ~ 12:1513:30 ~
臨床心理学専攻筆記試験(外国語)筆記試験(専門科目)グループ・ディスカッション(要旨の記述を含む)口述試験
英語 ※辞書参照可(電子辞書を除く)臨床心理学および関連領域

試験会場

千代田キャンパス [人間生活科学専攻、言語文化学専攻]
多摩キャンパス [現代社会研究専攻※、臨床心理学専攻]

※現代社会研究専攻情報コミュニケーション専修の主な履修地は千代田キャンパスですが、試験場および出願先は多摩キャンパスとなりますので、ご注意ください。

入学検定料

35,000円

募集要項/大学院案内

大学院入試FAQ

関連リンク