大学院生への支援 | 大妻女子大学  
大学紹介
入試・入学
学部・短大・大学院
研究
就職・キャリア
​学生生活
​留学・国際交流
地域連携・社会貢献

大学院生への支援

長期履修学生制度

社会人特別選抜による入学者には、長期履修学生制度を適用することができます。
長期履修学生とは、あらかじめ自分で最低修業年限を超えた在学年数(3 年または 4 年)を決め、その在学を経て、修了資格(修士の学位)を取得できる制度です。例えば、職業に従事しながら自分のライフスタイルに合わせて柔軟に履修計画を組むことができます。
課程の修了には認められた在学年数以上在学し、所定の授業科目について 30 単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、本学の行う修士論文の審査および最終試験に合格することを要します。
なお、1学年あたりの履修単位数は、修業年限が 3 年の学生にあっては 15 単位、修業年限が 4 年の学生にあっては 10 単位が限度となります。

関連規程

大学院研究生制度

大学院を修了した後、さらに精深な研究を続けようとする者に対しては、大学院研究生の制度があります。大学院研究生に対しては、大妻女子大学大学院奨学金の制度が適用されます。

大妻女子大学大学院奨学金

課程貸与月額
修士6万5千円(無利子)
博士後期

※返還の義務があります。

関連規程

科目等履修生制度

科目等履修生制度とは卒業生、もしくは大学院社会人特別選抜で入学手続を完了した方に適用される制度で、本学の授業科目のうち、1科目または数科目を選んで履修を希望する場合、授業および研究に支障のない限り選考の上、科目等履修生として履修を許可する制度です。

卒業生の方

在学中、卒業までに教育職員免許状の資格を取得できなかった卒業生がこの制度を利用しています。

※本学教職総合支援センターは卒業生に対し、教員採用試験に係る受験指導、相談、情報の提供なども行っています。

大学院社会人特別選抜により入学手続を完了した方

社会人特別選抜による入学手続完了者については、当該専攻の指定した令和3年度後期開講授業科目に限り、科目等履修生として志願し許可された場合、科目等履修生の選考料、登録料および履修料を免除します。なお、入学手続とは別に所定の手続が必要になります。 この科目等履修生として修得した単位は、本学大学院学則に基づき入学前の既修得単位として10単位を超えない範囲で、入学後の本学大学院における授業科目の履修により修得したものとみなすことができます。

関連規程

大学院生研究助成金

大妻女子大学人間生活文化研究所では本学大学院生の研究を支援すること、本学大学院の教育•研究を高度化・活性化することを目的に大学院生研究助成を行っています。

大学院生研究助成(A)博士後期課程在籍者…15万円以下
大学院生研究助成(B)修士課程在籍者………10万円以下