大学紹介
入試・入学
学部・短大・大学院
研究
就職・キャリア
​学生生活
​留学・国際交流
地域連携・社会貢献

学生相談センターについて

学生相談センターには、「相談室」、「談話室」、「障害学生修学支援室」の3つの部屋があります。大妻女子大学に在籍するすべての学生が利用できます。
あなたは一人の人として尊重され、差別されたり不当な扱いをされることはありません。
学生相談センターのカウンセラーと相談員は全員、臨床心理士・公認心理師などの専門資格を持っています。

相談室とは

  • 学生生活の中で起こるどのような内容でも相談できます。
  • カウンセラーが1対1でお話をうかがいます。秘密は守られます。
  • カウンセラーはあなたの相談に耳を傾け、協力しながら問題の解決などを考えていきます。
  • 相談の内容によっては、学内の他部署や学外の機関を紹介することもできます。
  • 心理テストやグループカウンセリングを随時行っています。
  • 精神科医師による相談を月1回実施しています。

相談室の利用のしかた

  • 直接相談室を訪ねるか、電話・受付ポスト・受付フォームで申し込んでください。
  • 受付担当が相談日時のご希望をうかがい調整します。
  • 相談内容はカウンセラーがお聴きします。
  • 友だちや家族と一緒に相談することもできます。
  • 来室が難しい場合は、電話やオンラインによる相談も可能です。
  • なるべく自分が所属するキャンパスの相談室を利用してください。ご事情がある場合は他のキャンパスの相談室も利用できます。

障害学生修学支援室とは

  • 障害や病気のために学生生活に特別なニーズがある場合の相談を受けています。
  • 授業や定期試験・施設の利用・キャンパス環境に対する合理的配慮の提供、専門相談員による相談などを実施しています。

合理的配慮とは、障害のある学生が他の学生と平等に教育を受ける権利を享有・行使することを確保するために、必要かつ適当な変更および調整であって、特定の場合において必要とされるものです。教育の目的・内容・評価の本質を変えないという原則のもと、大学側の過度な負担にならない範囲で提供されます。なお、この配慮は単位取得や卒業を保証するものではありません。

障害学生修学支援室の利用のしかた

  • 直接障害学生修学支接室を訪ねるか、電話・受付ポスト・受付フォームで申し込んでください。
  • 受付担当が相談日時のご希望をうかがい調整します。
  • 相談内容は相談員がお聴きします。

談話室とは

  • ちょっと休憩したい、くつろぎたい。
  • 授業の合問の居場所がほしい。
  • 学年や学科の違う仲間と出会いたい。
  • カウンセラーと気軽におしゃべりしたい。
  • イベントに参加してみたい。

談話室の利用のしかた

  • 直接、談話室を訪ねてください。開室時間であればいつでも自由に出入りできます。
  • 誰もが気持ちよく利用できるようにマナーを大切にしています。

お問い合わせ

キャンパス部署 場所電話
開室時間
千代田学生相談センター相談室大学校舎C棟1階C 183 室03-5275-6173平日 10:00~17:00
土曜 10:30~16:00
障害学生修学支援室大学校舎C棟1階C 183 室03-5275-6173平日 10:00~17:00
談話室大学校舎C棟C 181 室平日 10:00~17:00
多摩学生相談センター相談室2号館(学生会館)1階042-372-9979平日 10:00~17:00
土曜 10:30~15:00
障害学生修学支援室2号館(学生会館)1階042-372-9979平日 10:00~17:00
談話室2号館(学生会館)1階平日 10:00~17:00