お知らせ - 2020年

【学生および保証人の皆さまへ】伊藤正直学長からのメッセージ(9月8日更新) , ,



学長からのメッセージ(9月8日掲載)


学生および保証人の皆さま


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により例年よりおよそ1カ月遅い5月7日(木)から開始となったオンラインによる前期授業は、学生・教員・職員のご尽力により無事に終えることができました。学生および保証人の皆さまのご協力に対し、心より感謝を申しあげます。


もうすぐ後期授業が開始となります。

5月末の緊急事態宣言解除を受け、後期授業に関してはできるだけ対面授業へ復帰する方向で検討を進めていましたが、7月以降、とりわけ若い世代を中心に感染が再拡大していること等から、学生および教職員の安全確保を第一に考え、7月28日(火)にお知らせしたように後期開始段階では一部科目のみで対面授業を実施することといたしました。

授業がクラスや学年単位で編成されている小・中学校や高校とは異なり、大学の授業は各学生が選択して履修するため受講者が100名を超える授業も多く、授業だけでも毎日5,000名ほどの学生が登校していること、また学生により時間割が異なるため学内での流動性が高く三密を避けることが極めて困難であること等から、対面授業の実施については慎重に判断する必要があると考えています。

当面は一部科目のみの対面授業となりますが、後期開始後には感染者数の推移や社会情勢の変化に応じて、オンライン授業から対面授業への復帰を検討していく予定です。


前期に本学としては初めて本格的なオンライン授業を実施し、オンライン授業で新たに得られた知見・経験も多くあったという意見も耳にしますが、対面授業でないと得られないものが多くあることも事実です。

今後、新型コロナウイルス感染症への長期的な対応が必要になる中で、学生および教職員の安全と健康を考慮しながら、対面授業、オンライン授業のそれぞれの良い面を生かした適切な学修環境を整備し、本学の教育充実に努めていきたいと考えていますので、引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。


令和2年9月8日

大 妻 女 子 大 学

大妻女子大学短期大学部

学長 伊藤 正直


学長からのメッセージ(5月6日掲載)


学生の皆さんへ


新型コロナウイルスの感染拡大が収束しないなか、5月4日(月)、政府は、全国を対象に、緊急事態宣言を5月31日(日)まで延長することを正式決定しました。東京や大阪など13都道府県は「特定警戒都道府県」として自粛継続地域とされ、引き続き8割の接触削減が要請されています。


これを受けて、本学は、これまで実施してきた各キャンパスへの入構原則禁止、事務室閉室という措置をしばらく継続することとします。学生の皆さんの健康と安全確保のため、皆さんの登校も原則禁止します。すべての授業をオンライン授業とするのもそのためです。


すべての授業をオンライン授業とすることについては、4月20日(月)、皆さんにお知らせしています。この措置は、当面、5月7日(木)から6月3日(水)まで継続します。皆さんは、学内のUNIPAやmanabaで、「オンライン授業の準備・受講について」、「オンライン授業を受けるための準備」などをよく読んで、授業受講に備えていただくようお願いします。


すべての授業をオンライン授業とすることは、本学では初めての経験です。皆さんにいろいろな不便をおかけすることがあるかと思いますが、教職員と学生相互の協力により、円滑に授業が進められるよう努力します。


皆さんの元気な顔をはやく見たいと心より願っています。


令和2年5月6日

大 妻 女 子 大 学

大妻女子大学短期大学部

学長 伊藤 正直