お知らせ - 2020年

対面とオンラインを組み合わせてインターンシップを実施 食物学科食物学専攻 , ,

家政学部食物学科食物学専攻では職業への理解を深めること、卒業後の進路選択を的確に行うことを目的にインターンシップを選択科目として開講しています。


例年は食品企業や官公庁の試験施設・研究所、スポーツ関連産業、他大学等で実習を行いますが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、実施方法や内容を変更し、学内で対面とオンラインを組み合わせて実施しました。フジッコ、千葉県ヤクルト販売、はくばく、日本ケロッグ、昭和産業、カルビー、ファンケル、日東富士製粉、雪印ビーンスターク、雪印メグミルク、マルマサフードら11社の協力のもと、11日間に渡り実施され総勢61人の学生が参加。企業から与えられた課題にグループごとに分かれて取り組み、商品開発についてのグループワークやプレゼンテーションを行いました。


インターンシップの様子

(左から)はくばくとのオンライン授業、日本ケロッグとの対面授業


授業はマスク着用と教室入口での手指消毒を徹底するなど、新型コロナウイルス感染症予防に配慮して行われました。例年とは異なる方法での実施となりましたが、参加した学生たちにとって進路選択について考える良い機会となりました。



関連リンク