家政学部

学科サイトへ

被服学科


「被服と人間・社会・環境との関わり」を総合的に学ぶ

被服学科では、被服の素材から最終製品にいたる企画・設計・造形・ビジネス領域までを理解すると同時に、被服と人間・社会・環境との関係を理解することにより、本当の価値を見出し、自分で考え行動する女性を育てます。

学びのポイント


  • 基礎から専門的な内容まで段階的に学べるカリキュラム
 

授業は「自分で経験し理解する」参加型が中心。基礎から高度な専門的内容まで、幅広い視点から生きた知識を身につけることができます。


  • 自分なりの学び方が選べる4領域の科目を用意
 

「繊維素材」「デザイン・制作」「アパレル生産」「ファッションビジネス」の4領域から選択できるカリキュラムを設定。「ケーススタディ」の授業や繊維・アパレル企業見学など、実践的な科目も多数用意しています。


  • 大学での学びを生かしてさまざまな資格を取得
 

就職にも役立つ資格をサポート。科目履修で取得できる中学・高校の教員免許をはじめ、学科での学びを生かし、1級衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)や繊維製品品質管理士(TES)など服飾に関わる資格をめざせます。


  • 実験や実習に最適な施設、環境を整備
 

一人ひとりの学びに合わせて活用できるよう、被服造形実習室、材料実験室や染色実験室などさまざまな実験・実習環境が整えられています。

学びのフィールド

主な就職先

【試験・検査機関】ボーケン品質評価機構【教員】東京都教育委員会【製造】ワコール/福助/吉野石膏/東ソー【卸売・小売】三越伊勢丹/ミキハウス【建設】熊谷組【金融・保険】三菱UFJ銀行【学術研究・専門・技術サービス】虎門中央法律事務所【宿泊】横浜グランドインターコンチネンタルホテル【複合サービス】日本郵便ほか(※一部抜粋)