社会情報学部

専攻サイトへ

環境情報学専攻


「自然環境と共生した暮らし」のための住まい・環境づくりをめざして学ぶ

環境に関する知識〈自然科学の素養〉を身につけ、暮らしの場である住まいづくりや持続可能な社会の仕組みを学び、企業や家庭・教育の現場でエコライフを広める〈環境コミュニケーション〉のスキルを磨きます。

学びのポイント


  • 地球環境問題のメカニズムと解決について学ぶ
 

文系・理系の枠を超えて環境の知識を修得。地球環境問題を多様な観点から総合的に捉え、その解決に向けて、判断する力を養います。


  • 持続可能な暮らし・社会づくりをめざし、総合的な視野を養う
 

実験・実習・演習など、体験的な授業を全て数人から30人程度の少人数制で実施。研究室は常に学生のために開かれており、教員のきめ細かな指導を受けつつ、円滑なコミュニケーションが取れる環境が整っています。


  • 「学びの集大成」としての資格取得をめざす
 

二級建築士受験資格が取得可能です。また本専攻は2級ビオトープ管理士試験の一部が免除された、全国でも数少ない指定校です。ほかにも環境マネジメント審査員補などの資格取得を支援しています。中学・高校の理科教員免許状も取得できます。


学びのフィールド

主な就職先

【建設】大和ハウス工業【製造】住友電気工業/本田技研工業/リンナイ【情報通信】ブリヂストンソフトウェア【金融・保険】三菱UFJニコス【宿泊・飲食サービス】星野リゾート・マネジメント【生活関連サービス】エイチ・アイ・エス【教員】東京都教育委員会/千葉県教育委員会ほか(※一部抜粋)