人間関係学部

専攻サイトへ

介護福祉学専攻

人間関係学部は2017年4月に各ポリシーを改正し、これらのポリシーに基づき、2018年度入学生からの新しいカリキュラム編成に取り組んでいます。

人間福祉学科は2018年4月から「人間福祉学専攻」と「介護福祉学専攻」を統合し、1学科制(人間福祉学科)になります。

人間福祉学科への受験を検討されている方へ






介護予防から看取りまで利用者のQOL(生活の質)の向上をめざす介護のスペシャリストを育てる――。

講義・演習・実習を通して実践力を養い、人々の生活に寄り添った支援を可能にする専門性を身につけます。卒業時に介護福祉士の国家試験受験資格に加え、社会福祉士の国家試験受験資格も取得できます。



教育研究上の目的

生活を送る上で様々な課題を持っている人々が、「共生」できる社会を創ることに貢献できる人材を養成する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

人間福祉学科では、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識、意欲をそなえた人を求めます。


  1. 知識・理解
    • (1)入学後の修学に必要な基礎学力として、高等学校で履修する国語について高等学校卒業相当の知識を有している者。
    • (2)社会福祉を学ぶ上で、地理歴史、公民について高等学校卒業相当の知識を有している者。
  2. 思考・判断
  3. 文章での表現力、読解力および記述力を持ち、自分の意思を伝える力を有している者。
  4. 関心・意欲・態度
    • (1)身近に発生している福祉に関する問題について深い関心を持ち、その解決に向けて取り組み意欲を持つ者。
    • (2)学校での学習や部活動等の経験があり、他の人と協力をとりながら主体的に参加し、課題をやり遂げることができる者。
  5. 技能・表現
    • (1)ボランティア活動や課外活動の経験があり、他人のために働くことができる者。
    • (2)グループワーク等を通して、他者と協力しながら円滑なコミュニケーションを行うことができる者。

[2017年4月11日 改訂]

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

人間福祉学科では、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた目標を達成するために、次のような教育を行います。


  1. 教育内容・方法
    • (1)共生社会の意義を理解するため幅広い知識と教養の修得を目指し、全学共通の「教養科目」を設置します。また、共生社会の創造に貢献し得る基礎知識を身につけるため、社会福祉に関連する基礎科目を専門必修科目として設置します。
    • (2)2年次から、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の資格取得に必要な国家試験の指定科目を設置し、社会福祉の中核を担う人材の育成を目指します。
    • (3)2年次からは、専門性を深めた7つの履修モデルを示し、自分のキャリア形成のプランに沿った履修コースの選択を可能にしています。
    • (4)1年次の少人数制の社会福祉学基礎セミナーで福祉援助の基本的な考え方を身につけます。さらに、3・4年次の社会福祉学セミナーにおいて、自ら見つけた研究課題を2年間かけて深めていきます。
    • (5)国家試験に必要な専門的知識の確認のため、e‐learning等の能動的体制を整えています。
    • (6)外国語科目については、英語は1・2年次の英語は、個々の学生のレベルにあわせた少人数クラスを必修で設置し、グローバル化に対応した基礎的コミュニケーション能力の修得を目指します。他に、選択科目として英語4科目、さらに他の外国語科目を選択科目として設置します。
  2. 教育評価
    • (1)各種実習に配属する際には、前提となる科目が一定の理解度に達していることを要件としています。
    • (2)卒業論文を履修するためには、3年次修了までに一定の単位を取得していることを要件としています。
    • (3)卒業論文は必修科目とし、4年間の学修の集大成となるよう複数教員で指導・評価を行います。

[2017年4月11日 改訂]

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

人間福祉学科では、以下の要件や能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に、卒業を認定し、学士の学位を授与します。


  1. 社会に貢献できる福祉マインドを身につけている。
  2. さまざまな生活課題を抱えた人々と共生できる知識、技能を身につけている。
  3. 生活を多面的に観察し、問題を捉える力を身につけている。
  4. 多様な文化や背景を理解し、受け入れる能力を身につけている。
  5. 相手の立場を尊重し、他者と協力して人間関係を構築することができる。
  6. 社会や福祉の問題解決に向けて、適切な実践方法を選択・計画し、行動することができる。
  7. 他者の声に耳を傾け受容することができる
  8. 問題解決に向け、チームワークを活かすことができる。

[2017年4月11日 改訂]

カリキュラムマップ(カリキュラムとディプロマ・ポリシーとの対応関係一覧表)

[2017年6月 掲載]


授業時間割表

平成29(2017)年度