短期大学部

短期大学部の紹介

関係的自立を身につけた職業人・家庭人を育成

短期大学部は家政科(家政専攻、生活総合ビジネス専攻、食物栄養専攻)、国文科、英文科の3学科から成ります。深く幅広い知識、内外の文化に深い理解を持つ高い教養、専門職業人として必要な能力を修得し、時代や環境に調和し、他者との支え合いの中で作られていく個々人の自己決定性(関係的自立)を身につけた職業人・家庭人を育成します。

教育研究上の目的

本短期大学部は女子に対し広く一般教育を施すと共に専門的な学芸を教授し、高い教養と職業及び実際生活に必要な能力を有する人材を育成することを目的とする。


アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

大妻女子大学短期大学部は、人間生活の実務を身につけたい人、日本や外国の言語・文学・文化に関心を持っている人を求める。

  • 幅広い「学び」への関心を持ち、知識・技術を修得できる基礎学力を持っていること
  • 人間生活全般にかかわる幅広い知識・教養及び専門的知識・技術力を修得し、社会人として積極的に参画、貢献したいという意欲を持っていること
  • 自国の文化だけでなく世界の文化を理解し、「ことば」を媒介として、自分の主張や意見を世界に向けて発信したいという意欲を持っていること
  • 新時代に対応できる能力と知識・技能を身につけ、自立した社会人を目指す意志を持っていること

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

大妻女子大学短期大学部は、校訓「恥を知れ」の精神のもと、輝かしい伝統を自覚しつつ、新しい時代や激動する社会の変化に対応できる人材育成のために、キャリア形成を視野に入れて、以下のような教育を行う。

  • 総合的な人間教育として、深く幅広い知識と教養を修得するために、全学共通科目を設置する
  • 内外の文化に深い理解を持つ高い教養と専門職業人として必要な能力を修得するために、専門科目を設置する
  • 実学を身につけた生活者の育成及び社会人としての人間力形成の向上のために、きめ細やかな指導をする
  • コミュニケーション能力を高め、国際化社会に対応できる人材を育成する
  • 時代や環境に調和し、他者との支え合いの中で作られていく個々人の自己決定性(関係的自立)を身につけた職業人・家庭人を育成する

(平成24年4月24日 大妻女子大学運営会議承認)


ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

大妻女子大学短期大学部は、建学の精神に基づき、総合的な人間教育、専門職業人の教育を目標に掲げ、その実現を目指した教育課程を編成している。卒業までに社会人としての能力を身につけ、所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し、短期大学士の学位を授与する。

  • 人間生活全般にかかわる幅広い知識・教養および専門的知識・技術力を修得し、社会人として積極的に参画、貢献できる能力
  • 自国の文化だけでなく、世界の文化に対する深い関心と理解を基盤とし、「ことば」を媒介として、自分の主張や意見を世界に向けて発信できる能力
  • 社会に潜在的にある問題を予測して、状況を良い方向に向かわせるために問題を整理・解決する行動を取り、重要な問題に関する意思決定が出来る能力
  • 必要とされる資格を取得しうる学力を身につける能力

(平成24年4月24日 大妻女子大学運営会議承認)


学科紹介