短期大学部

専攻サイトへ

食物栄養専攻


「食」と「健康」の幅広い知識と確かな実践力を持つ栄養士をめざす  

食と栄養の専門家である栄養士を育成するため、「食」や「健康」に関わる専門知識や理論を深めると同時に、社会で通用する高い技術の修得をめざします。学内の実習ばかりではなく校外実習で実際に給食を提供する業務を経験し、栄養士としての確かな実践力を身につけます。

学びのポイント


  • 栄養士として確かな知識と実践力を養う
 

卒業と同時に栄養士免許証を取得することが可能で、短大2年間で着実に力をつけられるように、体系的な授業科目を数多く用意しています。人々の食生活を支える温かい心を持った人材の育成をめざします。


  • 栄養士に必要な能力を6つの視点から学ぶ
 

専門必修科目は「社会生活と健康」「人体の構造と機能」「食品と衛生」「栄養と健康」「栄養の指導」「給食の運営」で構成され、講義と実験・実習で実践的に学びます。


  • 全国栄養士養成施設協会主催「栄養士実力認定試験」を実施
 

全国栄養士養成施設協会が主催している「栄養士実力認定試験」に参加しています。試験結果によって認定証が授与されます。2年間の総まとめとして実力を試すチャンスになっています。

学びのフィールド

主な就職先

【委託給食会社】エームサービスジャパン/シダックス/日清医療食品【児童福祉】さくらしんまち保育園/高砂福祉会【病院】荻窪病院/船橋市立リハビリテーション病院【老人福祉】苗場福祉会【食品・外食】山崎製パン/日東富士製粉【その他】京セラ/横浜信用金庫/東洋紡/日本通運ほか(※一部抜粋)