短期大学部

専攻サイトへ

食物栄養専攻


「食」と「健康」の幅広い知識と確かな実践力を持つ栄養士をめざす――。

食と栄養の専門家である栄養士の育成をめざし、「食」や「健康」に関わる専門知識や理論を深めると同時に、社会で通用する高い技術の習得をめざします。また、学内の実習ばかりではなく、校外実習で実際に給食を提供する業務を経験し、栄養士としての確かな実践力を身につけます。



教育研究上の目的

「食」と「健康」に関わる知識と技術を総合的に身につけ、健康づくりに貢献できる専門的知識を持った栄養士を養成する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

家政科では、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識、意欲をそなえた人を求めます。

食物栄養専攻

  1. 知識・理解
    • (1)高等学校で学ぶ化学・生物が十分に理解できている。
    • (2)実務的な計算能力がある。
    • (3)聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身につけている。
  2. 思考・判断
  3. 身近な社会問題について、知識や情報を基に筋道を立てて考え、説明することができる。
  4. 関心・意欲・態度
    • (1)健康や栄養に関心が深く、人のために力を尽くすことに意欲がある。
    • (2)公的・私的な活動に対して積極的に取り組み、最後まであきらめずにやり通すことができる。
  5. 技能・表現
  6. 高校生活で何かをやり通したことがある。

[2017年4月11日 改訂]

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

家政科では、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた目標を達成するために、次のような教育を行います。

食物栄養専攻

  1. 教育内容
    • (1)栄養士として必要な専門的知識や技術を理解していくために、厚生労働省が定めた科目を基礎から応用へと体系的に修得する。
    • (2)栄養士として修得した専門的知識や能力を活かし、地域社会においてコミュニケーションと実践力で健康づくりに貢献できる人材を育成する。
  2. 教育方法
    • (1)講義では、栄養士課程の基礎科目から応用科目まで正しく理解するために、単元ごとに理解度を確認しながら授業を進める。
    • (2)実験実習では、各分野で修得した知識・理論をもとに問題点を探り、コミュニケーションを取りながら、栄養士として適切な思考力と判断力を身につける。
    • (3)校外実習では、他者との協力のもとに作業を行い、現場の指導者から助言をいただきながら実習内容を深める。
  3. 学修成果の評価法
    • (1)定期試験、レポート、課題発表、実技試験等による評価。
    • (2)校外実習における学外指導者の評価。
    • (3)全国栄養士養成施設協会主催の栄養士実力認定試験による評価。

[2017年4月11日 改訂]

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

家政科では、以下の要件や能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に、卒業を認定し、短期大学士の学位を授与します。

食物栄養専攻

  1. 幅広い知識・教養および専門的知識・技術力を身につけ、社会人・家庭人として的確に判断し積極的に行動できる能力を身につけている。
  2. 大妻で育んだ精神をもとに、生涯学び続ける意欲と習慣を備えている。
  3. 栄養士として、専門的知識・技術を活かして健康づくりに貢献できる能力を身につけている。
  4. 食の専門家として、他者との良好な関係のもとに自立できる能力。
  5. 栄養士の資格取得に必要とされる学力を身につけている。

[2017年4月11日 改訂]

カリキュラムマップ(カリキュラムとディプロマ・ポリシーとの対応関係一覧表)

[2017年6月 掲載]


授業時間割表

平成29(2017)年度