お知らせ - 2020年

2020(令和2)年度一般入試A方式Ⅰ期における出題ミスについて

受験生の皆さま
関係各位

大妻女子大学

 

2020(令和2)年度 一般入試A方式Ⅰ期における出題ミスについて

 

このたび、2020(令和2)年度 一般入試A方式Ⅰ期のうち、2月2日(日)実施の「日本史B」の問題において出題ミスがありました。

この出題ミスにより受験生及び保護者並びに関係の皆さまに多大なご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げるとともに、出題ミスの対応等について下記のとおりご報告いたします。

出題にあたっては細心の注意をもって作成し、出題ミス防止について大学としてチェック体制強化に努めておりますが、入学試験業務のチェック体制を、なおいっそう強化し、再発防止に万全を期す所存です。

 

 

1 試験日 : 令和2年2月2日(日)
2 対象学部 : 社会情報学部、人間関係学部人間福祉学科、比較文化学部
3 試験科目 : 「日本史B」
4 出題ミスの判明 : 令和2年4月27日(月)
 過去問題集を作成する出版社から指摘を受け、出題・査読関係者が再点検した結果、出題ミス(問題不成立)であることが判明しました。
5 内容 : 「日本史B」(100点満点) 第2問 問11 解答番号20(配点4点)
 択一問題において、解答に諸説あり、選択肢の中に高等学校教科書等から導き出せる正解が存在しない。
6 対応措置内容 :

当該問題は正解が存在しないため、問題不成立により全員正解として採点をし直しました。合格判定も改めて行い、比較文化学部受験生1名が追加で正規合格者となりました。該当者には本学入試グループから個別にご連絡をいたしました。

以上

 

【本件に関する問い合わせ先】

大妻女子大学 広報・入試センター 入試グループ

TEL 03-5275-0404