お知らせ - 2019年

人のやらないことに挑戦すること リーダーズ・キャンプ開催 ,

学生のリーダーシップ能力を育成する「令和元年度大妻女子大学リーダーズ・キャンプ」が9月12日(木)に千代田キャンパスで開催され、学友会執行部、文化祭・体育祭実行委員などの学生団体に所属する学生や、研修に興味を持つ意欲的な学生らが参加しました。


リーダーズ・キャンプでは、各分野で活躍する方を講師として招き、学生のリーダーシップ能力を育成する講演を毎年行っています。今年度は、1992年バルセロナオリンピック・シンクロナイズドスイミング銅メダリストでスポーツコメンテーターとしても活躍する奥野史子さんが、講演を行いました。


母親から「人と違うことを行いなさい」と教えられた奥野さん。子どもの頃に当時はマイナーな競技だったシンクロに興味を持ち、笑顔の演技が常識だったシンクロに、喜怒哀楽の表情で演技を披露し史上初の芸術点オール満点を記録したことや、日本人として初めて「シルク・ドゥ・ソレイユ」に出演したことなどの経験を語り、「誰もやっていないことを続ければ、その道の開拓者になれます。失敗を恐れず、夢や目標の実現に向けて挑戦してほしい」と講演を結びました。


午後からは、外部講師による「リーダー研修」を実施。「メンバー全員がリーダーシップを発揮し、最高のチームワークを実践すること」を目標に、スカートなどのアパレル商品(折り紙を使用)を制作。ブランドの展開方法と店舗の出店計画などをチームごとに発表しました。