お知らせ - 2018年

大妻女子大学博物館で「日本文学関係貴重書展示」を開催 5/30~6/12 ,

日本文学関係貴重書展示2018

大妻女子大学博物館が5月30日(水)から6月12日(火)まで特別展「大妻女子大学日本文学関係貴重書展示:近現代編」を開催します。

特別展では、梶井基次郎の直筆の書簡をはじめ、伊東静雄・井伏鱒二・金子光晴・坂口安吾・島崎藤村・高村光太郎・谷崎潤一郎・中原中也・萩原朔太郎・堀辰雄・室生犀星・森鴎外・森茉莉等13人の作家の直筆原稿を展示します。これらは日本文学科および短期大学部国文科が収集し、図書館および草稿テキスト研究所に所蔵されている貴重な資料です。入場無料。詳しくは博物館ホームページをご覧の上、ぜひご来場ください。


また、これに関連して6月9日(土)には、博物館内でラーニングコモンズ・イベント「筆跡から辿る森鷗外」が行われます。

当日は、短期大学部国文科・松木博教授が「筆跡から辿る森鷗外」についてお話を行います。

詳しくは、図書館ホームページをご覧ください。


LCE2018-2