お知らせ - 2017年

社情・堤ゼミの学生がプロジェクションマッピングを制作 日本最大級のコンテストへ出場決定 , ,

TPMAvol2

社会情報学部情報デザイン専攻・堤江美子教授のゼミに所属する3年生11人のチーム「アントルメ」が、12月16日(土)に東京ビッグサイト(東京・江東区)で開催される「有明・冬フェス2017 東京国際プロジェクションマッピングアワードvol.2」に出場します!


昨年に引き続き2回目の出場となる堤ゼミ。1年次から基本的なデザインの知識に加え、プログラミングやコンピュータ・グラフィックス(CG)といった技術の習得に取り組んでいるというメンバーらは、これまで培ってきた学びをプロジェクションマッピングという映像表現を通して発揮すべく、同コンテストへのエントリーを決めたといいます。

出展作品は、“四季”と“家紋”を融合した「Come on -四季の世界-」。古くから日本の生活とともに発展してきた「家紋」を通して、四季ごとの情景の変化や日常生活の潤いを表現しています。


同コンテストは、CG映像技術の高度化および普及の促進とコンテンツ産業の中核となる人材育成を目的とした若手クリエイターによる日本最大級のプロジェクションマッピング映像コンテスト。当日は、第1次選考(予選)を勝ち抜いた本学を含む全11チームの作品が上映され、審査員の投票により最優秀賞と優秀賞を決定します。なお今回、女子大学として出場するのは本学のみです。

コンテストの詳細は東京国際プロジェクションマッピングアワード公式ホームページをご覧ください。