お知らせ - 2017年

第1回ズボラレシピコンテストで大賞を受賞! 短食栄・河本さん ,

ズボラレシピコンテスト

短期大学部家政科食物栄養専攻1年・河本聖子さん考案のレシピ「しらすチーズトースト」が、一般社団法人大人のダイエット研究所主催の「第1回 ズボラレシピコンテスト」で、応募総数およそ100作品の中、見事大賞に輝き、10月5日(木)に表彰式が行われました!


同コンテストは、忙しい大人に多い、朝食を食べない欠食やコンビニ食に偏る栄養不足を改善し、朝食の重要性を訴え、健康的な食生活を推進していくことを目的に開催しているもので、今回のテーマは“忙しい朝に作れる朝ごはん×和食食材”。 パン部門、ごはん部門、味噌汁または具沢山スープ部門の3部門に分かれており、一次審査、一般投票による二次審査、そして管理栄養士などの専門家による最終審査を経て、全部門のなかで大賞1点と優秀賞1点、各部門のなかで部門賞1点ずつを決めます。


しらすチーズトースト

河本さんが考案した「しらすチーズトースト」は=上写真、全粒粉食パンにとろけるチーズとしらすをのせてオーブントースターで3分ほど焼き、最後にとろろ昆布をのせるという、誰でも真似しやすい簡単なレシピ。特にしらすととろろ昆布がポイントのようで、「しらすは良質なたんぱく質とカルシウム、とろろ昆布は豊富な食物繊維が摂取できるので取り入れました」とこだわりを話してくれました。

日ごろから本学で食や栄養について専門的に学んでいる河本さん。授業では、栄養バランスを考えた献立の作成や調理実習など実践的な科目も多く、こうした学びの知識も生かしながら、簡単な調理工程や少ない食材のなかでもしっかり栄養を取り入れたレシピを作り上げました。

審査員からは「とにかく簡単でおいしい!」「和食材であるとろろ昆布とチーズの組み合わせがとても良かった」などと好評を博しています。