お知らせ - 2017年

国家資格「公認心理師」への対応について ,

心理職の初の国家資格「公認心理師」に関する「公認心理師法」が、2015(平成27)年9月9日に国会で成立し、2017(平成29)年9月15日までに施行される予定です。これにより、学校等の教育機関や医療、福祉などの分野において、心理学の専門家として活躍の場が広がることが期待されています。

本学人間関係学部人間関係学科社会・臨床心理学専攻および大学院人間文化研究科臨床心理学専攻では、2018(平成30)年度入学生から、これまでの心理学教育や臨床心理学教育に、公認心理師の受験資格取得に必要な科目を追加した新カリキュラムをスタートする予定です。また、在学生についても公認心理師の受験資格取得ができるよう対応を進めています。

なお、公認心理師に関する新たな情報がわかりましたら、各専攻の公式ホームページにてお知らせいたします。


大学院人間文化研究科臨床心理学専攻での対応


  • ・臨床心理士養成は従来どおり行うため、臨床心理士の受験資格が取得できます
  • ・大学で心理学課程を修めた人は、公認心理師に必要な科目を修めることで、公認心理師の受験資格が取得できます。特に、心理療法とロールシャッハ法を中心とする投映法検査に習熟した人材を育成します

*¹公認心理師に必要な科目を履修した場合に限る

人間関係学部人間関係学科社会・臨床心理学専攻での対応


  • ・公認心理師を目指す学生は、必要な科目を修めて卒業した後、①大学院へ進学してさらに公認心理師に必要な科目を修め修了するか、②文部科学省・厚生労働省の指定する施設で2年以上実務経験を積むことで、公認心理師の試験を受験することができます。本学では、公認心理師と臨床心理士の両方の資格が取得できるよう、①のコースを推進しています


<法律施行後の主な公認心理師養成ルート>


なお、本学では、一般企業や公的機関等で活躍するためにも、公認心理師として働くためにも必要な社会人基礎力を養成するため、公認心理師に必要な科目を含め、社会心理学と臨床心理学をバランスよく学びます。