お知らせ - 2017年

平成28年度卒業証書 学位記授与式


「平成28(2016)年度大妻女子大学卒業証書 学位記授与式」が、3月19日(日)午後1時から東京国際フォーラム・ホールAで挙行し、卒業生の門出を祝いました。

卒業(修了)したのは、大学院(博士)2人、大学院(修士)18人、大学1,581人、短大402人の計2,003人です。




卒業生総代を務めたのは、人間関係学部人間関係学科社会学専攻・榊原りくさん=上写真。総代の辞では、4年間の学びや学生生活を振り返り「自由に学べる環境を与えてくれた両親をはじめとし、周囲にはいつも尊敬する先生方や信頼できる友人の存在があり、時に厳しく、時に優しく、真摯(しんし)に向き合ってくださいました。本学で得られたこれらのものは、生涯の財産となると確信しております」との感謝の気持ちとともに、「これから不安や期待を胸に抱きながらも、本学で培った経験を糧にして、充実した日々を過ごし、自分らしさを常に忘れずに生きていこうと思います」と新たな旅立ちへの決意を述べました。



(左から)卒業証書学位記授与、大妻コタカ賞授与



(左から)学長式辞、校歌斉唱(以上、メディア教育開発G撮影)

式典は、学位記授与(大学院)、卒業証書 学位記授与(大学・短大)、大妻コタカ賞授与、花村邦昭学長の式辞、卒業生総代の辞と進み、井上小百合大妻コタカ記念会会長から祝辞をいただいた後、最後に全員で高らかに校歌を斉唱して終了しました。




なお、同日、管理栄養士国家試験のため、参加できなかった家政学部食物学科管理栄養士専攻50人の「卒業証書 学位記授与式」は、3月21日(火)に千代田キャンパス大学校舎A棟150教室で行われ、花村学長から一人ひとりに卒業証書学位記が手渡されました。