お知らせ - 2017年

13県から就職支援担当者を招いて U・Iターンガイダンス開催 , ,

U・Iターンガイダンス2017

地方への就職を考えている学生を対象に、13県からU・Iターン就職支援担当者を招いた「U・Iターン就職ガイダンス」が、2月3日に千代田キャンパスで県ごとに分かれて開催されました。


本学は全国から学生が集まることから、地元で就職をしたいと考える学生のため、新潟県、栃木県とU・Iターン就職促進に関する協定を、福島県、長野県とUターン就職促進に関する協定を締結。また群馬県と茨城県が取り組む就職支援制度に参加するなど、積極的にU・Iターン就職支援を行っています。

ガイダンスでは、協定を締結している県以外にも秋田県、山形県、宮城県、山梨県、石川県、静岡県、福岡県から就職支援担当者を招き、担当者から就職活動の流れと支援体制の説明を行い、県によっては地元企業の採用担当者も同席し、地方で働くことの魅力が語られるなど熱のこもったものとなりました。

また、それ以外の道府県については、LO活プロジェクト(Localと就職活動を合わせた造語で、国が取り組む就職支援事業のこと)の担当者が相談に乗りました。

ガイダンスは、県や新聞社が運営する就職情報サイトがあることや、東京で開催されるU・Iターン就職向けのイベントや相談窓口、地元に戻って就職活動をする際の交通費の助成があることなど、各県の取り組みなどを知る機会となり、参加した学生から、「東京にいながら地元企業の情報を収集する方法や、就職相談窓口の活用方法を学んだ。今後の就職活動に役立てていきたい」「地方で就職することのメリットを聞くことができ、視野が広がった」といった感想が寄せられ、東京での就職と地元での就職に悩む学生にとって、参考となるガイダンスとなりました。


※参加自治体
山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・山梨県・長野県・静岡県・宮城県・秋田県・石川県・福岡県(九州全般)