お知らせ - 2017年

大妻生への第一歩 平成29年度「大妻教養講座」はじまる ,

2017大妻教養講座

大妻生になるためのスタートアッププログラム「大妻教養講座」が今年もはじまりました。

本講座は、入学直後から開講される、本学の伝統・目的・特質がどのようなものかを学び、大妻での4年間または2年間の学生生活を有意義に過ごすために、「在学中に何を学ぶのか」を理解することを目的とする新入生の必修科目です。授業は全7回のオムニバス形式で行われ、理事長自ら「大妻コタカ先生が目指したもの」と題して講義をするなど、学長、学部長・学科長、弁護士、卒業生ら多彩な講師が登壇するのが特徴です。

こうした講義の中から、4月に就任したばかりの伊藤正直・大妻女子大学学長の講義を紹介します。



2017学長大妻教養講座

伊藤学長は、「大妻での学びで人生の旅立ちを」をテーマに、大学で学ぶとはどういうことなのかについて講義しました=写真上

1950年代から現在までの女性の進学率・就業率などのデータを示しながら、それぞれの年代の暮らし方、働き方と「女性の学び」がどのように変化してきたのかを説明した伊藤学長。最後に「何を学ぶのかではなく、どのように学ぶのかを考えることが大切です」と述べたあと、「学生生活を無駄にしないように、自分が学ぶ領域のグラマー・ロジック・レトリックを身につけましょう」と新入生に呼びかけ、講義を結びました。

学生たちは、自身の親世代がどのような社会環境の中で学生生活を過ごしたのかといった内容に特に興味津々な様子で、メモを取りながら講義に聴き入っていました。


2017(平成29)年度の内容とスケジュールは次のとおり。
1.大妻コタカ先生が目指したもの(講師:花村邦昭理事長)
全学部:4/8[入学式終了後]
2.大妻での学びで人生の旅立ちを(講師:伊藤正直学長・高山宏副学長)
家政学部:4/6▽文学部:4/5▽社会情報学部:4/6▽人間関係学部:4/10▽比較文化学部:4/5▽短期大学部:4/5
3.専門的学びの魅力(講師:各学部長、学科長など)
家政:4/1、4/3、4/7(各学科長)▽文:4/1、4/3、4/5(各学科長)▽社情:4/1(学部長・各学科長)▽人間:4/5(専任教員)▽比較:4/4(学部長・学科長)▽短大:4/1、4/5、4/9(各学科長)
4.社会人として自分の身をどう守るか(講師:弁護士)
家政:4/22(山本英司さん)▽文:4/15(森田裕子さん)▽社情:4/15(本村健さん)▽人間:4/22(同)▽比較:4/15(森田裕子さん)▽短大:4/15(同)
5.青年期のこころ―学生時代をどう過ごすか―(講師:本学カウンセラー)
家政:4/6▽文:4/5▽社情:4/6▽人間:4/15▽比較:4/5▽短大:4/5
6.大妻での学びと人生(講師:本学卒業生)
家政:被服学科4/22(加藤早奈江さん)食物学科4/22(可野倫子さん)児童学科5/13(田中正代さん)ライフデザイン学科4/7(石澤亜弥子さん、太田絵理子さん)▽文:日本文学科4/15(中西美里さん)英文学科4/15(伊藤みちるさん)コミュニケーション文化学科4/15(吉田優子さん)▽社情:4/15(舘澤羊子さん)▽人間:社会学専攻4/22(本田真悠さん)社会・臨床心理学専攻4/22(谷田部典子さん)人間福祉学科4/22(佐藤綾乃さん)▽比較:4/15(笹幸恵さん)▽短大:家政科4/22(瀧澤実礼さん、武藤香純さん)国文科4/22(小森彩加さん、細田茉咲さん)英文科4/22(稲岡優美子さん、遠藤江里子さん)
7.自立した人生の展望を持つということー女性と職業ー(講師:キャリアカウンセラーなど)
家政:4/29(土方恵さん)▽文:4/29(守屋麻樹さん)▽社情:4/22(小堀洋子さん)▽人間:4/15(守屋麻樹さん)▽比較:4/15(同)▽短大:4/22(江原由美さん)