お知らせ - 2016年

地域交流の場を 大妻さくらフェスティバル2016開催 ,

トップ

地域連携・学術発表イベント「大妻さくらフェスティバル2016」(大妻女子大学主催、千代田区、大妻中学高等学校、大妻コタカ記念会後援)が、3月26日(土)に千代田キャンパスで開催されました。
 都内では、桜の開花宣言が平年より5日早い同21日にあったものの、寒さがぶり返し、フェスティバル当日の桜は三分咲きとなりましたが、会場には600人もの来場者が集まり、終日にぎわいを見せていました。


同日には、地域連携活動の推進と発展を図ることを目的とした、本学の「地域連携プロジェクト」の2015年度採択者14人による活動報告発表会のほか、本学独自の課題解決型授業「キャリア・ディベロップメント・プログラム(CDP)」の学部合同発表会や新高3・高2年生向け学科説明会など、さまざまなイベントも行われました。

一緒に楽しめる参加型のパフォーマンスも


九段小学校九段囃子によるお囃子演奏のにぎやかな笛と太鼓の音色でスタートしたフェスティバル。続く、同小学校九段Planetsのビッグ・バンド演奏も息のそろったスウィングと迫力満点のサウンドで会場を沸かせました。

大人も子ども楽しめる参加型のパフォーマンスが目立った今年のステージ。社会情報学部情報デザイン専攻・松田晃一教授によるステージでは、ゼミ生らが中心となって開発したパーソナルロボット「Pepper( ペッパー)」用ダンスプログラムを用いて、Pepperが「ようかい体操第一」の振り付けを披露し、周りにいた子どもたちも思わず一緒になってダンスする姿が見られました。また、自分の描いた絵が動き出す「紙アプリ」で来場者の注目を集めたのは、教育における情報ツールの活用について研究する社会情報学部環境情報学専攻・生田教授。ステージでは、来場者が実際に絵を描いて「紙アプリ」を体験しました。

このほかにも、駐日英国大使館太鼓会「どんBRI」による和太鼓演奏や大妻中学高等学校日本舞踊部による優美な踊りなど、地域で活躍する12団体のパフォーマンスで、会場は大いに盛り上がりました。



★★ステージパフォーマンス(番号)

①投げ合い・素囃子(九段小 九段囃子)②ビッグ・バンド演奏(九段小 九段Planets)③きものファッションショー(家政学部被服学科・阿部栄子教授)④合唱(大妻高 コーラス部)⑤チアリーディング演技(大妻女子大 オールチアリーディングカンパニーLYNX)⑥みんなおいでよ♪パネルシアター(大妻女子大 パネルシアター部OG隊『パネ☆ドル』)⑦描く楽しみが広がるリコーの紙アプリ体験コーナー(社会情報学部環境情報学専攻・生田茂教授)⑧和太鼓(駐日英国大使館太鼓会 どんBRI)⑨Pepperのようかい体操(社会情報学部情報デザイン専攻・松田晃一教授)⑩創作ダンス(大妻高 ダンス部)⑪日本舞踊(大妻中高 日本舞踊部)⑫バトントワリング演技(大妻高 バトントワリング部)



千代田学パネル展示

一方、メーン会場の大学校舎地下1階アトリウム後方では、本学を含めた千代田区内11大学が取り組んでいる地域に関する研究「千代田学」の平成27年度に採択された12件(8大学)のうち、11件(7大学)の研究事業がポスター展示されました=上写真
 障害者や高齢者への支援体制、地域住民の生活利便性に関する研究など、千代田区のさらなる発展という目的のもと、それぞれの大学が持つ特色や分野の「知」が生かされた研究の事業内容をわかりやすく来場者に伝えていました。

ステージパフォーマンス以外にもさまざまな催しが目白押し



体験コーナー

日頃から精力的に食育活動に取り組む短期大学部家政科・堀口美恵子教授は、米紙袋の再利用と食を通じたコミュニケーションの場を提供することを目的に、ペーパービーズを用いたアクセサリー作りの体験ブースを展開。通常、廃棄してしまう米紙袋を再利用して1つ1つ手作りしたペーパービーズを用いてアクセサリーを仕上げていきます。参加者らは、米紙袋に関連してお米の話題などで盛り上がりながら、ストラップやブレスレットなどを作り上げました=上写真



ペーパービーズアクセサリー作り(番号入り)

①米紙袋②米紙袋をペーパービーズ用に切ったもの(これを爪楊枝に巻き付けてペーパービーズを作ります。米紙袋を使ったペーパービーズのアイデアは、本学OGで米屋「吉田屋」小林祥子さんによるもの)③ペーパービーズを用いたストラップやブレスレット


大学校舎正面玄関前では、千代田区環境安全部防災・危機管理課の協力のもと「起震車体験」が行われ、100人近くの来場者が地震の揺れを疑似体験。「地震の揺れの大きさを実感した」などと防災意識を高めていました。また、お祭りムードがひときわ漂っていたのが、本館E棟エントランスホール。昨年7月に靖国神社で行われた「みたままつり」での学生による神輿振りの映像とともに、実際に担いだ御神輿(みこし)が展示され、地域イベントに積極的に参加する学生らの活躍が紹介されました。今回初めての参加となった本学表千家茶道部は、アトリウム奥のお茶室で「茶会」を開き、来場者をおもてなし。大妻サポート購買部では、今年も校章を象った「紅白練り切り」を当日限定で販売し、あっという間に売れ切れる人気ぶりでした。



★★その他(番号2)

①起震車体験②御神輿展示③茶会(大妻女子大 表千家茶道部)④スタンプラリー⑤「紅白練り切り」⑥石川雅己千代田区長あいさつ⑦花村邦昭理事長⑧荻上紘一学長⑨靖国通りの桜