お知らせ - 2015年

「自分を好きになるゲーム」考案し最優秀賞に 社情・合田さん ,

大妻女子大学社会情報学部情報デザイン専攻2年生の合田加奈子さんが、中山隼雄科学技術文化財団主催の「社会を変える『夢のゲーム』のアイデア募集」に応募し、459件の中から見事、最優秀賞に輝きました!合田さんが考案したのは「自分を好きになるゲーム」。

友人や同僚とプレイするこのゲームは、誰かがよいことをしたり自分も見習いたいと思ったらその旨を匿名でコメントで伝え合うというもの。合田さんは「人は自分の短所ばかり気にする傾向があります。客観的に長所を指摘してもらうことは自分の自信となり、自分を好きになることにつながるはず」と狙いを話しています。 

ゲームの内容など詳しくはこちら(情報デザイン専攻ホームページ)をご覧ください。



ゲームイメージ


  • 結果発表(公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団ホームページ)