お知らせ - 2014年

電脳メガネARアプリコンテストで入賞! 池田さん・浦川さん(大社情) , ,

電脳メガネARアプリコンテスト 大妻女子大学社会情報学部情報デザイン専攻(松田晃一教授ゼミ)3年の池田彩子さんと浦川真由さんが、福井県鯖江市主催の「電脳メガネAR(Augmented Reality)アプリコンテスト」(写真)に参加し、応募総数108件の企画部門の中から第3位のセイコーエプソン賞に輝きました。
 ARとはディスプレイに映し出した現実世界の映像に、バーチャル情報を重ねて表示する技術。このコンテストは日本一のメガネ産地の同市が、AR技術が内蔵されたメガネ型コンピュータ「電脳メガネ」の実現を前提とし、市民生活の向上につながるアプリや企画を募集したものです。
 池田さんと浦川さんは1次審査(書類審査)を通過して、4月26日に同市で行われた二次審査の公開プレゼンテーションで「Cooking!」という調理用アプリを考案して披露。電脳メガネで見ると料理の先生がバーチャル映像で隣に現れて手順を教えてくれるという生活に密着したアプリを紹介しました。詳細についてはこちら(同専攻ホームページ)をご覧ください。