お知らせ - 2014年

論文博士に守隨香さん

守隨香 学位記授与1 大妻女子大学学位規程第4条第2項に基づき、守隨香さんへ「博士(生活科学)」の学位記が平成26年12月1日付で授与されました(写真)。
 学位記授与式は、本学千代田キャンパス本館E棟11階会議室で行われ、大澤人間文化研究科長、青江人間生活科学専攻博士後期課程主任らが見守る中、荻上学長から守隨さんに学位記が手渡されました。荻上学長は「この学位記授与は、守隨さんが独立して研究できる力を身に付けたことを社会に証明するものです。今後、さらに後身の指導にまい進し、この分野の学術発展に貢献することを期待します」と式辞を述べ、激励の言葉を贈りました。

 論文のタイトルは「語りによる保育者の省察論―保育との関連をふまえて―」。保育者の省察の成り立ちと意味を論じたもので、保育の観察と保育者の経験についての詳細な内容を抽出し、それらを現象学的社会学の創始者であるアルフレッド・シュッツの概念を用いて分析、考察した論文で、田代和美教授を主査として審査され、博士の学位授与が認められました。

守隨香さん 学位記授与2

(写真左は)守隨さん(中央手前)、荻上学長(中央後ろ)と学位記授与式に出席された皆さん、(右は)主査の田代和美教授と守隨さん