お知らせ - 2013年

ジュエリーの販売戦略を考案 CDP成果発表会PARTⅡ ,

CDPⅡ最優秀賞 「大妻ニュース」大妻女子大学家政学部1年生のCDPⅠ(12月9日掲載)に続き、同学部2~4年生によるCDPⅡの成果発表会の様子をご紹介します。取り組んだテーマはジュエリーの販売戦略。今年度は株式会社サダマツ〔本社東京・目黒(宝飾関係)〕と提携し、28人の学生が5班に分かれてさまざまな角度からアイデアを考案しました。成果発表会当日は、同社の貞松隆弥代表取締役社長を含むブランド開発室のスタッフら5人を審査員に迎えてプレゼンテーションを行いました。〔写真は、貞松社長(右から3番目)を囲んで最優秀賞班が記念撮影する様子

 与えられた課題は、①Wish upon a star「夢を叶える、星のダイヤモンド」の認知訴求をはかり、Wish upon a starを「もの」ではなく、ストーリー性のある「こと」として伝えられるようにするにはどうしたらよいか、②「フェスタリア ビジュソフィア」が情緒価値No.1ブランドとして認知されるにはどうしたらよいかの2つ。班ごとにタイトルを決めて課題に取り組み、まずは同世代の女性の嗜好アンケートをとるなど、オリジナリティーあふれる企画を考えパワーポイントを使って説明、試作品のジュエリーボックスを披露したりしました。

プレゼン1

発表の様子(左)と試作品の写真入りジュエリーボックス(右)

個性輝くアイディアを発表

プレゼン2班 プレゼンの持ち時間は各班8分(左写真は、発表の様子)。学生らは、親世代の気持ちに配慮した心温まる提案から最先端のプロジェクションマッピングによる斬新な宣伝など、個性輝くアイデアを披露。発表が終わると2分間の質疑応答があり、「ムック本はどのぐらい発行すれば効果が得られると思いますか」「成人祝いにジュエリーを贈ることをバレンタインデーにチョコレートを贈るように定着させる方法は」など、サダマツの方から具体的な数字や方法についてさまざまな質問が出されました。そのするどい質問にも学生らは的確に回答。この会の冒頭、波津博明家政学部長の「家政学部で最も学習効果の高い授業です」とのあいさつどおり、課題に向かって努力・研究して発表し、企業の方にご意見をいただき、振り返りのワークショップを行う同授業は、職業観を養うなど多くの学びがあり、学生のプレゼンテーション力アップにもつながります。また、学生の企業人とは異なる目線での提案は、提携企業にとってもさまざまメリットをもたらし、まさにWIN―WINな関係ともいえるユニークで学習効果の高い授業となっています。

5班副賞授与 最優秀賞は「小指と小指の愛言葉~bijou de etoile~」のタイトルで結婚式に両親への感謝の気持ちを込めた指輪を贈ろう―を提案した5班が獲得。貞松社長からは「圧倒的なリサーチ力が決め手でした」という言葉とともに、副賞としてルービックジルコニアのネックレスがプレゼントされました(右写真は、副賞授与の様子)。
 このほか、優秀賞には「宝石を埋め込んだビジネスグッズでモチベーションアップをはかる」を提案した2班が、アイデア賞には「成人式祝いにジュエリーを贈る」との提案した3班が選ばれ、それぞれサダマツのオリジナルグッズが贈られました。
 貞松社長は、「非常に刺激を受けました、期待以上でした」とコメント、続けて「皆さんのほとんどは今2年生ですから、あと2年間の学びと経験を積むことで、企業の即戦力になれますね」と総評し、学生らの健闘をたたえました。
 学生をサポートしてきたライフデザイン学科・小澤千穂子教授、被服学科・大網美代子専任講師が見守る中、最後にCDP運営委員長のライフデザイン学科・宮田安彦教授からサダマツ社に対し、「ご縁をいただき提携させていただいたことに感謝申し上げます。大変良い経験になりました」と感謝の言葉が述べられ、豊かな発想とチームワークで素晴らしい成果をあげた学生らに労をねぎらう言葉をかけて発表会は終了しました。

 各班の発表タイトルは、次のとおり(発表順、丸数字は写真番号、カッコ内は企画内容)。
①【1班】Challenge of this mook~夢をかなえる星のダイヤモンドに願いを~(付録を充実させたブランドムック本の提案)②【2班】新たなスタートに、愛と希望を込めて「モチベーションジュエリー」(願いを込めた宝石をビジネスグッズなど身近なものに埋め込む商品を開発、宣伝としてプロジェションマッピングを実施)③【3班】20歳の女性へ~成人祝いのジュエリー~(親から子へと代々受け継いでいけるダイヤモンドを成人祝いに贈ろう)④【4班】Bridal Jewelry BOX(写真とメッセージを入れた思い出として残せるジュエリーギフトボックスの制作)⑤【5班】小指と小指の愛言葉~bijou de etoile~(結婚式で両親への感謝を伝える指輪を贈ろう)。

プレゼンタイトル