お知らせ - 2013年

3年目を迎えて 大妻マネジメントアカデミー

全体風景 大妻女子大学が開講する日本初の学部横断型マネジメントスクール「大妻マネジメントアカデミー(OMA)」が3年目を迎え、多摩キャンパス5月7日、千代田キャンパス翌8日から2013年度の講座が始まりました=写真

 初日に行われたのは①文章を最後まで読んでもらえる書き方講座(山見博康・山見インテグレーター代表取締役)、②数学コンプレックスを克服する思考力養成講座(井上俊也・大妻女子大学キャリア教育センター教授)、③社会から評価される外見力講座(西本貴信・ファッションプロデューサー、スタイリスト)④本番でひときわ輝くオーラ学入門講座(兼子ただし・スリーエスグループジャパン代表取締役)―の4講座のそれぞれ第1回。どの講座にも、座学だけではなくミニテスト、グループディスカッション、ペアになって自己紹介の練習や姿勢を正しく保つストレッチなど、演習や実践が豊富に織り交ぜられ、受講した在学生からは「講義の内容が即実践できてわかりやすい」「自分のブランド化の重要性を理解できた。今後の就活で意識したい」「社会の最前線で活躍する講師の話なので説得力があった」といった感想が寄せられました。

 OMAは学部の授業で学んだ専門知識をもとにマネジメント能力を高め、卒業後に企業、地域社会、家庭など広く活躍できる女性を育成することを目的として開講しました。就職活動の基礎知識をまとめた「就職基礎講座」に加え、理系・経営学分野を正課外講座OMAで補完する本学独自の就職支援サポートはメディアの注目を集め、全国紙・雑誌でこれまで5回取り上げられています。本年度は目的に応じて体系的に受講しやすくなるよう、科目が「基礎的なマネジメント知識・スキルを習得する」「マネジメント総合力を身につける」「企業や社会から求められる基礎能力を磨く」「社会的ニーズの大きい人材を育成する」「ビジネスに直結する資格の取得を目指す」の5つのグループに分けられました。

講師顔写真

写真は千代田キャンパス(8日)の講義の様子。写真番号、講師名、講義中のコメント(一部)の順。①山見「自分がコントロールできる態度、表情、話し方などの演出に全力を尽くして自分広報を」、②西本「コミュニケーションツールとしてファッションを戦略的に」、③井上「適性検査では思考力を図るため計算問題や数学の文章題の結果が重視される傾向がある」、④兼子「オーラを出すためには正しい姿勢を保つ筋力が必要」