お知らせ - 2013年

2013年6月のメディア・インフォメーション

雑誌

週刊ダイヤモンド 6月1日

「特集 子どもが伸びる! 中高一貫校・高校ランキング」(42~67ページ)。2月1日入試にシフトを強めている首都圏の進学校(女子の中堅上位校)の1つとして、大妻多摩中学高等学校が記載。

サンデー毎日 6月2日

「河合塾・駿台・東進・ベネッセ・代ゼミ どこよりも早い2014年入試展望座談会 旧課程最後の入試で強まる 現役志向 安全志向」(70~75ページ)。志願者が増えた女子大学の1つとして、大妻女子大学が紹介。

日経ヘルス 6月号

「旬の食材 ヘルシーレシピ14 美肌とダイエットに緑茶」(132~137ページ)。健康効果を生かす緑茶の抽出温度について、元大妻女子大学食物学科・大森正司教授がコメント。

新聞

朝日新聞 6月5日夕刊

「(富士山をたどって:5)作家は『変哲ない山』と呼んだ」(1ページ)。富士山の変遷について、比較文化学科・上垣外憲一教授が著書「富士山一聖と美の山」の中で考察した内容が一部紹介。

岩手日報 6月6日

「保育所の役割、質向上考える 花巻で県研究大会 分科会で事例発表も」(15ページ)。6月4・5両日に岩手県花巻市内で開かれた「2013年度県保育研究大会」で、児童学科・岡健教授が「これからの保育を考える~子どもの育ちを支える保育者を目指して~」と題し、講演した、と掲載。

日刊工業新聞 6月7日

「女子大生がメニューを考案-東武百、池袋で限定フェア」(12ページ)。大妻女子大学を含む栄養学を学ぶ5大学の学生62人が、東武百貨店池袋店のレストラン街「スパイス」の シェフと一緒に、旬の野菜や果物を使用した、美容と健康にうれしい創作メニュー47品を考案。「食べる人は美しい ビューティーメニューフェア」を13日から開く、と掲載。

毎日新聞 6月8日

「イマジン:第3部 えらぶ/2(その2止)将来見据えた1票を 中高年の良心に期待も」(3ページ)。日本の選挙権や被選挙権の世代間格差の是正について、人間関係学科・小谷敏教授が、これまで日本を支えてきた人たちに期待を込め「知識や経験が豊富な中高年の人たちが制度を変えていけばいい」とコメントした、と掲載。

毎日新聞 6月9日

「遊ナビ:音楽/東京」(29ページ)。25日18時半から大妻講堂でトーマス・トロッター氏によるパイプオルガンチャリティーコンサートが開催される、との告知が掲載。

建設通信新聞 6月18日

「文科省有識者会議/大学、産業界の調整必要」(2ページ)。荻上紘一大妻女子大学学長が、6月17日に行われた文部科学省の「体系的なキャリア教育・職業訓練の推進に向けたインターンシップの更なる充実に関する調査研究協力者会議」で座長を務めた、と記載。

朝日新聞 6月20日

「(私と人生地図 朝日新聞リレートーク)多士の軌跡に触れた リバーウォーク北九州10周年【西部】」(26ページ)。コミュニケーション文化学科・五十嵐浩司教授が連続講演会「朝日新聞リレートーク 私と人生地図」で、朝日新聞特派員時代の思い出から「相手の側から物事を見る想像力の大切さ」を強調した、と掲載。

山陽新聞 6月20日夕刊

「少女画や雑誌編集で活躍 中原淳一さん生誕100年 『ひまわり』元編集部員・藤田さんに聞く 戦後の女性に夢与える 『美しく生きる』こと説く」(8ページ)。少女画や雑誌編集者として活躍した中原淳一の生誕100年を記念して、大妻女子専門学校(現・大妻女子大学)1945年卒で中原さんが戦後に刊行した雑誌『ひまわり』の編集部員だった藤田桜さんが中原さんとの思い出を語ったインタビュー記事が掲載。

朝日新聞 6月27日静岡版

「(世界の富士山)登録後の課題:下 評価された価値 問われる文化の継承/静岡県」(32ページ)。比較文化学科・上垣外憲一教授は、世界文化遺産として登録される富士山の価値継承の課題について、歴史を再評価する必要があると説いた、と掲載。同様の報道は次のとおり。◇朝日新聞(6月27日)山梨版「(世界の富士山)登録後の課題:下 文化の継承、どう工夫/山梨県」(33ページ)。

WEBサイト

日本経済新聞電子版セクション 6月20日

「金銭感覚、家事力、イクメン度… 彼の『結婚力』見抜く質問」。大妻女子大学文学部卒の恋愛コンサルタント・橘つぐみさんが結婚に向く相手を見極める7つの質問を紹介。