お知らせ - 2013年

正月気分満点です 百人一首(狭)・獅子舞飾り(多)

 正月らしい大妻女子大学の話題が狭山台(埼玉・入間市)、多摩(東京・多摩市)のそれぞれのキャンパスから飛び込んできました。狭山台では、1月7日、狭山台寮に住む日本文学科1年生の有志7人が集まって「百人一首大会」を開き、多摩では、正月気分を演出しようと、今年初めてジャンボな獅子舞と花飾りが図書館棟1階エントランスホールに飾り付けられました。各キャンパスの関係者からリポートしてもらうと――。

声掛けに7人集まる

百人一首 日本文学科有志メンバーを集めて百人一首大会が1月7日、狭山台寮内の和室で行われました。前年末に「何かお正月らしいことがしたいな」と私が言い出したのをきっかけに急きょ実現したもので、当日は声掛けに応じて総勢7人が集まりました=写真

 今回の1番のポイントは、全員が読み手になる点です。ただ取るだけでは面白くないと考え、一人5枚を割り当てて読んでもらい、和歌の持つ素晴らしい世界を同時に味わってもらいました。始めると、狙っていた札を首尾よく取れてうれしがったり、意外にもすぐ近くにある札に気付かず、取られて悔しがったり、読まれてから札を取るまでの早さに驚かされたりと、大変盛り上がりました。30枚以上取れた人、3枚しか取れなかった人、結果は人それぞれでしたが終了後、参加した人から「面白かった、楽しかった」という声をもらい、企画してよかったと思いました。

 実は早くも2回目を計画中です。今度は声掛けだけでなく、寮内の掲示板も利用して参加者を募りたいと思います。興味のある寮生はぜひご参加ください。(日本文学科M・S

一転して華やぎが

獅子舞 多摩キャンパスでは、クリスマス気分を盛り上げようと前年12月、図書館棟1階エントランスホールに初めてクリスマスツリーと光るクマ、ギフトボックスの飾り付けをしたのですが、年明け1月4日からは縁起のいい獅子舞と花飾り=写真=にディスプレーがバトンタッチされました。

 一転してお正月らしい華やぎがかもしだされ、7日の授業再開で登校してきた学生のみなさんにも、たいそう好評でした。(多摩学生支援G平石ゆりえ