お知らせ - 2012年

文化係リポート届く 狭山台寮Xmas会

 大妻女子大学狭山台寮行事の企画運営を仕事とする文化係の私たちが、初めて寮外のたくさんのお客様をお迎えする寮クリスマス会=写真=は12月7日に行われました。(狭山台寮文化係長=食物学科Y・F)

達成感に満たされた今

 大がかりなパーティーとなったので、他の係の寮生のみなさんをはじめ、多くの方々に協力していただきました。文化係は夜遅くまで集まって準備をしなければならず、とても忙しかったのですが、来賓の先生や寮生のみんなが楽しんでくださって、今は達成感に満たされています。

 文化係の仕事とは別に、私はクラスメートと一緒に有志のグループを結成し、クリスマス会ではみなさんの前でダンスを披露しました。文化係の活動が忙しくてダンスの練習時間の確保が難しかったですが、好評のうちに終えることができてうれしかったです。クリスマス会にお越しくださった来賓のみなさま、準備に携わってくださったみなさま、本当にありがとうございました。次に文化係3人の感想をご紹介します。

2012狭山台寮クリスマス会集合写真

協力してくれた多くの係

 クリスマスパーティーは、寮生のみなさんの協力によって思い出に残るパーティーとなりました。装飾を担当してくれたエコ係さん、寮生と来賓の名札を作ってくれた厚生係さん、寒い中で受け付けを担当してくれた保健衛生係さん、バイキングの打ち合わせをしてくれた食事係さん、パーティーを盛り上げてくれた有志のみなさん、そして寮生の希望を熱心に聞いてくださった寮監のみなさん――ほかにも多くの人たちが協力してくださいました。(写真は寮玄関に設営された受付の様子

 私は文化係の一人として、このクリスマスパーティーに携わることができて本当に楽しかったです。みなさんありがとうございました。文化係として活動できるイベントは残すところ、お別れ会だけとなりました。寮生活最後のイベントとして少しでもいい思い出となるよう頑張って準備したいと思います。引き続き寮生のみなさんが協力してくださるとうれしいです。(ライフデザイン学科T・M

話し合いを重ねて実現へ

 ハロウィンパーティーに引き続き、クリスマスパーティーという大きなイベントを成功させて、いま充実感でいっぱいです。

 今回は寮生以外にも学校の先生や事務の方々をお客様としてお迎えするイベントで、ハロウィンとは違ったところにも目を向けて企画を進めてきました。他の係の寮生とも協力していったのが新鮮で、協力の大切さ、良さを実感できました。文化係のメンバーが初めて集まった時、「さて、どうしようか」と考え込んでしまうのかと思っていたら、案に相違して次から次へとめいめいのさまざまなアイデアが飛び出してきて、とても刺激的で、面白かったです。ちょっと実現が難しい夢のような企画が出てきても、きちんと実現できるようにみんなで話し合いを重ねました。

 有志団体による歌やダンスの発表=写真=は、すでにハロウィンパーティーの時にも大好評で、今回も多くの団体が参加してくれました。どの団体も特色がはっきりしていて、見ていてとても楽しかったです。とても盛り上がって寮生だけではなく、お迎えしたお客さまからも好評で、よかったです。今回の活動を、ラストイベントとなるお別れ会へつなげていきたいです。(児童学科A.O

文化係の面白さは最高

 クリスマス会は、楽しい思い出になりました。ハロウィンパーティーが終わる前から準備、計画を始め、みんなが楽しめるにはどうしたらいいかと毎週話し合い、時にはちょっと無謀かなと思う提案も飛び出しましたが、「文化係の面白さは最高だなあ」と感じながら楽しく準備ができました。

 My(マイ)自転車で、国道16号線沿いの巨大スーパー、コストコ入間店までお菓子の買い出しに出かけ、行きは携帯電話を落とし、帰りは転びそうになりながら持ち帰って、無事に寮生全員と寮監のみなさんへプレゼントが渡せてうれしかったです。フィンランドのサンタからの頼まれごとなので、頑張りました! クリスマス会当日の食事はおいしいし、出し物は面白いし素敵で、仮装もかわいいので最高の写真が撮れました。反省点はお客さまに料理がスムーズに配膳できなかったことです。この反省を来年の係になる寮生は生かしてほしいですね。お別れ会も面白い企画をしたいのでお楽しみに。(ライフデザイン学科E・A