お知らせ - 2012年

夜は白く点灯 北口大学看板取り付け

サイン画像 お気づきですか――。大妻女子大学千代田キャンパス(東京・千代田区)大学校舎の北口側の外壁(A棟6階北側外壁)に年末12月23日からの工事で「大妻女子大学」ロゴのサイン(看板)が取り付けられました。

 表面を半ツヤのスクールカラーの古代紫色で塗ったステンレス製箱文字。裏は空洞でLED照明が仕込まれており、夜は明かりが建物の外壁タイルに反射して間接照明式に箱文字の周りから光が差します。たとえばJR・地下鉄市ヶ谷駅を下車して靖国通りを九段方面へ進み、喫茶店「カフェ・ド・クリエ」九段南店(九段南3-9-15)のある角から右折すると、正面突き当りに日中は紫色の大学ロゴサインが見えますが、夜は白く点灯されて文字が浮かび上がります(点灯は同26日からスタート。点灯は午後4~11時)。1文字の天地のサイズは約0.6メートルで、4メートル25の横幅に6文字が並んでいます。

組写真

3枚の組写真は、左から順に靖国通り側から大学校舎北口へ近づいていった時の写真。すでにサインは白く点灯されています(12月28日午後4時過ぎ)