お知らせ - 2012年

◆寄席出演・個展開催◆ OGふたり正月から始動  ,

 大妻女子大学OG二人がそれぞれ正月早々から活動をスタートさせ、新春をにぎやかにことほぐ寄席に出演したり、ギャラリーで羊毛フェルト造形作品の個展を開きます。どうぞ会場へお運びください。

 寄席出演は、三味線の弾き語りをする柳家小夏さん(写真左、短大英文科卒、小糸さんとのコンビ名は「東京ガールズ」)。元日(祝・火)~10日(木)に、東京・台東区の浅草演芸ホール(浅草1-43-12。地下鉄浅草駅下車)で開かれる「正月初席寄席」第二部に、「音曲バラエティ東京ガールズ」として午後0時50分ごろに出演します(出演時間が変更される場合があります。演芸ホールのホームページでご確認ください)。入場料大人3000円(入れ替えなし)。また7日午後7時30分からは、同・杉並区の酒どころ「ちんとんしゃん」(高円寺南4-24-11。JR高円寺駅下車)で、「たけ平・小夏の勉強会」を開きます。木戸銭1500円。

 国立演芸場からもオファーが来る、柳家紫文師匠仕込みの確かな腕前の、江戸情緒たっぷりの邦楽と明るく楽しい漫談の舞台をお楽しみください。

 個展開催は、羊毛フェルトの造形作家、福田りおさん(同右、文学部国文学科=現日本文学科卒)。1月5日(土)~同31日(木)の《日曜・祝日を除く》毎日午後3時~午前0時に、同・渋谷区のカフェ、バーを兼営する「Gallery mu(ギャラリームー)」(神山町5-6渋谷酒販会館B1階。JR渋谷駅下車)で、個展「羊毛と針の魔法、私の郷愁。(Laine, magipue d’une aiguille, et ma nostalgie)」を開きます。入場無料ですが、カフェまたはバーの利用には別途料金が必要。

 羊毛フェルトを専用のフェルティング針で突き固めて、本物そっくりのスイーツ(菓子・果物)を造形するりおさんの見事な手芸の世界に浸ってみてください。2012年は、9月にフランス・パリのベルサイユ国際展示場で行われた「『針と糸の祭典』プロバージョン2012」に作品を出展して世界進出の夢をかなえ、本学では文化祭などで来校し、ワークショップを指導してくださいました。在廊日などの追加情報は、福田さんのツイッター、フェイスブックを随時、ご確認ください。


  • 画像をクリックすると、開催案内がダウンロードできます