お知らせ - 2011年

千代田区と防災協定締結 12月13日調印式

協定書を挟んで、花村理事長と石川区長 大妻女子大学等を設置する学校法人大妻学院(東京・千代田区。花村邦昭理事長)は、千代田区(石川雅己区長)と「大規模災害時における協力体制に関する基本協定」(防災協定)を2011年12月13日付で締結しました=写真右から花村理事長、石川区長

 これにより、本学は大規模災害時に区民、帰宅困難者等の安全確保を図るため、①被災場所および避難場所への学生ボランティアの派遣②一時的避難施設として一部施設の提供③ 収容した被災者への応急医療資材および備蓄物資の提供――などを協力し、区が経費を補助することとなります。

 本学は本協定締結前に、すでに区と包括的基本協定を結び、「千代田学」の推進など学術協力の連携を進めるとともに、東日本大地震発生時には帰宅困難を訴える一般者を大妻講堂へ受け入れて非常用備蓄食料やブランケットを配布しましたが、14年4月落成をめざして千代田キャンパス再開発プロジェクト(大妻女子大学千代田校舎建て替え工事)が進行し、備蓄倉庫・避難施設確保の見通しも立ってきたことなどから正式に防災協定を結ぶこととしました。

非常時は学生ボランティアの活用

 調印式は、12月13日午前11時から、千代田区役所の区長室で花村理事長、伊藤朋恭学長代行、石川区長らが出席して行われました。まず桑原和義・千代田区危機管理担当部長が協定の概要を説明した後、理事長と区長が協定書を取り交わし、引き続き防災の取り組みについて意見交換しました。

握手を交わす様子 区長が東日本大震災を振り返って、「65歳以上の高齢者が2割を超え、さまざまな年齢層の市民がいるので、区からの情報提供はホームページに掲載して終わりとはならない。震災後は区内施設の開館時間変更などを伝えるため、広報紙に徹夜でちらしを挟み込むなど苦慮した。区外からの通勤・通学者の多数が帰宅困難者となったことも踏まえ、災害時の区内在留者への対応を充実させたい」と話しかけると、理事長は、「安否確認を含め、各種連絡は学生ボランティアを活用できることでしょう。(13年1月に)新校舎1期棟が完成すると、地盤堅固な建物に被災者を受け入れられる。食物学科を擁する本学は、炊き出しは得意とするところです」と応じ、固い握手を交わしました=写真(理事長の後ろは伊藤学長代行)。

社会的責任を果たす

 協定を結んだことにより、今後、本学は帰宅困難者支援などに必要な応急医療資材や備蓄物資(毛布、マット、給水袋、応急トイレ、携帯トイレ、ヘルメット、腕章、軍手、机など)を備えるほか、受け入れは原則として女性に限られますが、大妻講堂、体育館、新校舎大講義室を避難場所として提供することになります。学生ボランティアの養成と組織化により、さらに人的支援の拡充を図り、地域住民、帰宅困難者の安全確保と応急処置を迅速・積極的に行うなど、地域社会とより一層の連携を深め、社会的責任を果たしていきます。創立100周年を迎えた08年に策定された「大妻学院のミッションと経営指針」には、「学院の社会的責任(地域社会との連携)」として「防災に関する地域指導や学生教職員による防災ボランティア等を含めた社会的責任を果たす」と記しましたが、防災協定締結は、これを裏書きする動きのひとつとなります。