お知らせ - 2011年

修善寺虹の郷バージョン誕生 大妻生創案ラブバーガー ,

虹の郷ラブバーガー 大妻女子大生創案のご当地バーガー「THIS伊豆LOVE(ディス・イズ・ラブ)バーガー」が10月1日から今度は静岡・伊豆市のテーマパーク「修善寺虹の郷(さと)」バージョンの「シカ焼肉バーガー(写真)」として味わえることとなりました。これでラブバーガー取り扱い店は市内4カ所に。虹の郷の日本庭園内、食事処「菖蒲亭」へランチ時にぜひお出かけください。1日限定10食、スープ付き850円。

 ラブバーガーは、2010年に企画提案型体験授業「キャリア・デベロップメントプログラム」(CDP)に学んだ本学学生が伊豆市観光振興策として、恋愛を象徴するハート形のバンズにヘルシーな地元食材を挟むことを提案しました。虹の郷「シカ焼肉バーガー」は、①ハート型バンズは、地元特産の黒米の米粉や地元産卵を使用②パテは、焼肉風に炒めた地元特産シカのもも肉③濃厚なたれは、修善寺しょうゆ使用④スライス具材は、地元特産シイタケ⑤トッピングは、天城産本ワサビ使用のわさびマヨネーズ―と、地産地消のご当地食材のオンパレード。鹿肉は生臭さもなく、カロリーは他の肉の3分の1、脂質は10分の1以下、たんぱく質は2倍、鉄分は3倍と栄養価も優れてヘルシー。伊豆市では、9月14日の試食会で、条件を満たすものとして文句なく「ラブバーガー」のお墨付きを与えました。

 ラブバーガーは、ほかに天城湯ヶ島のレストラン「RAIZU(来伊豆)」、中伊豆のカフェ「里恵夢(リエム)」、土肥の「恋人岬アンテナショップ」で、それぞれ味わえます。伊豆市観光交流課の浅田藤二さんによると、同市では、B級グルメならぬ「伊豆H(ヘルシー)級グルメ」として、これから大いに売り出していくとのことです。