お知らせ - 2008年

2008年10月のメディア・インフォメーション

新聞

読売新聞  東京朝刊 10月3日

⇒「子どもを理科好きに 大妻女子大学がシンポ=多摩」(32ページ)。創立100周年を記念したシンポジウム「理科ってなに?-子どもはみんな理科が好き-」について紹介。

産経新聞 大阪朝刊 10月3日

⇒「高まるトクホの関心度 大妻女子大学家政学部教授の池上幸江氏に聞く」(12ページ・企画特集)。特定保健用食品(トクホ)の仕組みや賢い利用法についてインタビュー形式で説明。

読売新聞 東京朝刊 10月17日

⇒「高齢者、メールできた 女子大生が携帯講座=多摩」(32ページ・写真付)。社会情報学部 社会情報学科 社会情報処理学専攻4年生の2名が、八王子市の生涯学習センターで連続講座「楽しく使おう、携帯電話」の講師をしている。炭谷晃男(すみたに・あきお)教授(メディア・情報社会学)のゼミ生で、卒業制作の一環として27日まで全5回開講。
■上記の取り組みを、八王子テレメディア(東京都八王子市をサービスエリアとするJCNグループのケーブルテレビ)が取材した(10/27、炭谷教授からの情報です)。
111ch(JCNプラスチャンネル)にて、放映日は下記日時。
  10/29(水)「デイリー八王子」(15分間のうち約2分半)
18:00~/19:45~/20:45~/22:40~/23:45~
10/30(木)〃
7:00~/12:00~
11/1(土)・2(日)「ウィークリー八王子」(55分間で月~金を再放送)
7:00~/18:00~
八王子テレメディア取材日の様子を、炭谷教授が撮影しました。

携帯電話を一緒に見ながらアドバイス八王子テレメディアさん取材中。

読売新聞 東京朝刊 10月17日

⇒「高齢者、メールできた 女子大生が携帯講座=多摩」(32ページ・写真付)。社会情報学部 社会情報学科 社会情報処理学専攻4年生の2名が、八王子市の生涯学習センターで連続講座「楽しく使おう、携帯電話」の講師をしている。炭谷晃男(すみたに・あきお)教授(メディア・情報社会学)のゼミ生で、卒業制作の一環として27日まで全5回開講。

読売新聞 朝刊「進学特集2009」(別刷り)10月18日

⇒「キャンパス情報」にて、生活科学資料館での大妻コタカ展について紹介。

朝日新聞 東京朝刊 10月28日

⇒「女子大の教育力~新たな可能性をめざして~」(8ページ・広告)に本学を含め19女子大学が出稿した。

産経新聞 大阪朝刊 10月30日

⇒「食の安全確保 国に要望 農業委員大会、緊急アピール採択」(23ページ)。大阪府農業委員大会で、社会情報学部 社会情報学科 社会生活情報学専攻の田代洋一(たしろ・よういち)教授(農業政策・協同組合論・地域経済論)が「どうなる農地政策」をテーマに講演した。
※上記ニュースは、10月30日の日本農業新聞の44ページ「食の安全・安心求め 800人が緊急アピール/大阪府農委大会」でも掲載されています。