ハラスメント対策

本学では、ハラスメントを防止するために防止対策規程を設け、学内のすべての学生の人権が尊重され、差別のない快適な環境のもとで修学できるよう努めるとともに、万一ハラスメントの問題が生じた場合には、公正で迅速かつ適切な対応を行います。


(1)学校におけるハラスメントとは

ハラスメントとは人としての尊厳の侵害です。例えばそれは差別的な言動、執拗ないじめや服従の強要、嫌がらせなどのことであり、行為者本人が意図するか否かにかかわらず、相手に対して不快感や精神的苦痛を与えて、修学上の環境を悪くするような不適切な言動・行為をいいます。ハラスメントの多くは、男性から女性、教員から学生、先輩から後輩など、差別意識や権力関係の中で生じるとされていますが、女性から男性、同性間、そして同級生同士でも起こり得ます。


学校で起こり得るハラスメントは、以下のものがあります。


セクシュアル・ハラスメント ・・・相手の意志に反して、不快や不安な状態に追い込む性的な

ことばや行為

パワー・ハラスメント ・・・権力や地位を利用した嫌がらせ

アカデミック・ハラスメント ・・・パワー・ハラスメントの類型で、研究・教育機関におい

て、権力を濫用して学生や配下の教員等に対して行う嫌がらせ

モラル・ハラスメント ・・・言葉や態度によって行われる精神的暴力


相手が否定していることや嫌がっていることは、それを繰り返してはいけません。また、ハラントを受けたと感じたら自分の意思をはっきり表示し、クラス指導主任やハラスメント相談員に相談しましょう。


(2)みんなで注意しよう

①ハラスメントに関する言動の受け止め方は個人間や男女間、そしてその人の立場などによ

 って差があるため、ある言動がハラスメントにあたるかどうかはその言動の受け手の判断

 が重要になります。

②相手が拒否していることや、嫌がっていることは、それを繰り返してはいけません。

③ハラスメントについて苦情を申し出た人を、いわゆるトラブル・メーカーとみたり、その

 問題を個人的な問題として片付けないようにしましょう。


(3)ハラスメントを受けたと感じたら

①不快であることを相手に言葉ではっきり意思表示しましょう。

②自分を責めたり、一人で我慢するのはやめましょう。

③いつ、どこで、誰から、どのようなことを言われたか、あるいはされたかなどを記録して

 おきましょう。

④身近な信頼できる人に相談しましょう。

⑤ハラスメントについての苦情や相談を受け付ける相談員に勇気を出して相談してみましょ

 う。

(4)相談窓口・相談員

相談に対する対応及び相談窓口・相談員については各キャンパスの学生相談室、学生担当部署にあるパンフレット「ハラスメントのないキャンパスへ」及び「ハラスメント相談員一覧」を参照してください。


本学のハラスメント防止対策については、以下のページをご覧ください。