大学への届出について

学生個人カード(学籍簿)

入学時に提出するカードで、記入した事項は、学生生活を送るための学籍・履修・成績管理に必要な情報となります。

本学では、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)、その他の関連法令、ガイドラインを遵守して、個人情報を適切に取り扱います。

学生個人カードに記入された事項は、利用目的の範囲内で、業務の遂行上、必要な限りにおいて利用します。その他の目的に利用することはありません。

また、利用目的の達成に必要な範囲内で、業務委託先に個人情報を提供することがありますが、適正と認められる委託先を選定し、守秘義務契約などを取り交わすとともに、適正な管理をいたします。

※参照 学校法人大妻学院プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

学生個人カードにより取得した情報の利用目的

(1)学籍管理・履修・成績管理などの授業運営業務及び学生支援業務

(2)学生生活全般に関わる指導・助言、福利厚生に資する情報の提供

(3)就職支援業務

(4)業務遂行にあたって必要が生じた場合の各種連絡・通知

(5)学籍・授業に関する通知

(6)学費納入のお願い(兼振込用紙)の送付(大学・短大=保証人宛、大学院=本人宛)

(7)個人を特定することができない方法、形式による統計資料の作成

(8)学生と連絡がとれない場合や、学生に事故が起きた際の緊急連絡

(9)第三者(大妻女子大学千鳥会、一般財団法人大妻コタカ記念会)への提供

 ①大妻女子大学千鳥会(保護者の会)の要請により、会報、各種行事連絡案内の送付及び役員

 選出のため、保証人氏名、学生本人との続柄、保証人住所、電話番号を提供

 ②一般財団法人大妻コタカ記念会(同窓会)に対し、会員である学生への会報、行事連絡等の案

 内の送付のため、学生本人氏名及び住所を提供

住所等の変更届

住所など大学に登録している内容に変更があった場合は、変更から1週間以内に学生支援グループに届け出てください。

変更事項提出書類
現住所住所・電話番号・携帯電話番号・通学区間変更届
電話番号
携帯電話番号※
通学区間※
保証人住所
保証人電話番号

※通学区間および学生本人の携帯電話番号のみ変更する場合は、保証人およびクラス指導主任の承認印は必要ありません。

手続方法

①学生支援グループから届出用紙を受け取る。または下の「届出用紙」からダウンロードしてA4版でプリントアウトする。

②変更があった項目にチェックマークをし、必要事項(内容)を記入する。

③保証人に承認印をもらう。

④クラス指導主任に承認印をもらう。

⑤学生支援グループに提出する。

届出用紙

欠席・忌引届

以下の理由で欠席する場合は、学生支援グループに届け出てください。

理由提出書類添付書類
入院または病気で1週間以上欠席する場合欠席届医療機関の診断書
学校保健安全法で定められた感染症に罹患(りかん)した場合※1インフルエンザ罹患証明書または治癒証明書※2
病気以外の理由で1週間以上欠席する場合保証人連署の理由書
裁判員制度に伴う場合※3裁判員候補者は出頭証明書
裁判員に従事したものは裁判所発行の証明書
忌引で欠席する場合※4忌引届-

※1※2 感染症に罹患した場合をご確認ください。 ※3 裁判員制度に伴い、裁判員選任手続日期日または裁判員に選任された公判のために裁判所へ出頭し、授業を欠席した場合は、所定の手続きを行うことにより、欠席扱いとはなりません。 ※4 以下の「忌引に関する取り扱い」を参照してください。

忌引に関する取り扱い

原則として死亡した日から忌引とします。忌引期間中の日曜・祝祭日も忌引の日数に含まれます。ただし、特別な理由がある場合は葬儀の日の前後に続けて取ることができます。

なお、欠席者の取り扱いは授業担当教員の判断にゆだねられます。

父母の場合7日以内
祖父母の場合3日以内
兄弟姉妹の場合3日以内
曾祖父母の場合2日以内
叔伯父母の場合2日以内

手続方法

①学生支援グループで届出用紙をもらう。

②必要事項を記入し、添付書類が必要な場合は添付する。

③クラス指導主任に署名・承認印をもらう。

④本人控えと欠席した全授業の担当教員分をコピーし、それぞれの教員に提出する。

⑤原本を学生支援グループに提出する。

1週間未満の欠席の場合

各自でレポート用紙などにより欠席届を作成し、授業担当教員に提出してください。

履修登録や定期試験などを欠席した場合

教育支援グループに相談してください。