高等教育の修学支援新制度

大妻女子大学および大妻女子大学短期大学部は、文部科学省から高等教育の修学支援新制度の支援対象校として認定を受けました。詳細はこちらをご覧ください。


◆2020年4月開始 高等教育の修学支援新制度について◆

高等教育の修学支援新制度は、2020年4月から始まる大学等が行う入学金・授業料の減免と日本学生支援機構の給付型奨学金を利用して、修学を支援する新しい制度です。本制度を利用するためには申込み手続きが必要です。申込み後、収入、成績等で選考があり採用となれば支援が受けられます。なお、高等学校在学中に申し込みのできる予約採用は、大学入学後に申し込む在学採用より早い時期に奨学金が交付されるなどの利点があります。予約採用を希望する方は、在学中の高等学校で申し込んでください。 在学採用(入学後、在学生向け)を希望する方は、年2回本学で行う説明会に出席してください。


入学金減免額 最大約 250,000円程度(1年生のみ)
授業料減免額 年間最大約 700,000円程度
給付型奨学金 月額12,800円~75,800円


制度の詳細について下記のリンクを参照してください。