一般入試

一般入試の勉強方法を教えてください。
高校3年間で学んできたことの総まとめですので、もう一度教科書を中心に勉強してください。また、傾向を知るため過去の入試問題を見てみるのもよいでしょう。
A方式Ⅰ期で複数の学科・専攻を受験できますか?
次のケースは可能です。
<同一試験日内の学科・専攻の場合>
ただし、希望する学科・専攻が指定している科目・出題分野をすべて解答する必要があります。

<試験日が異なる学科・専攻の場合>
必ず両日とも試験を受ける必要があります。一日分の成績を別日の合否判定に利用することはできません。

※ご不明な点は、広報・入試センターにお問い合わせください(TEL03-5275-6011)

参考例

【2月1日】ライフデザイン学科と人間福祉学科に出願した場合
国語現代文①現代文②+英語
2種類を解答解答

※短大家政専攻の合否判定時は、国語と英語から高得点の科目が採用されます

【2月1日】日本文学科と社会学専攻に出願した場合
国語現代文①現代文②古文漢文+英語
4種類とも解答解答
【2月2日】社会生活情報学専攻と比較文化学科に出願した場合
英語+国語現代文①現代文②古文or地理歴史日本史B世界史B
解答3種類を解答どちらかを解答

※英語と国語、または英語と地理歴史で合格判定に用いる科目数を満たします ※国語と地理歴史の両方を解答した場合は、高得点の科目で判定します

【2月2日】食物学専攻、管理栄養士専攻と短大食物栄養専攻に出願した場合
国語現代文①現代文②or英語+理科化学生物
2種類を解答解答どちらかを解答

※国語と理科、または英語と理科で合格判定に用いる科目数を満たします。
※国語と英語の両方を解答した場合は、高得点の科目で判定します

A方式Ⅰ期で受験するときに気をつけるところは何ですか?
1時限目の国語と、2月2日の3時限目の理科・地理歴史・数学です。

[国語]
学科・専攻によって出題分野が違います。特に複数出願する人は、希望する学科・専攻がどこを出題分野にしているか、よく確認してください。受験時は、学科・専攻が指定する出題分野をすべて解答する必要があります。学科・専攻が指定した国語総合の分野で解答していない分野があった場合は、解答した分野の得点で合格判定を行います。

[理科・地理歴史・数学]
学科・専攻によって試験科目が違います。特に複数出願する人は、受験しようと考えている試験科目を、希望する学科・専攻が指定しているか、よく確認してください。この時間に解答できるのは1科目だけです。

◎A方式Ⅰ期で複数の学科・専攻に出願する場合は、以下の(1)~(5)にご注意ください。
(1)同日の同時限に行われる試験問題は、全学科・専攻で共通です。
(2)1時限目「国語」について
・出願する学科・専攻が指定する出題分野をすべて解答してください。
・解答する出題分野の数に関わらず、試験時間は60分です。
(3)3時限目「化学」「生物」「日本史B」「世界史B」「数学」について
・出願する学科・専攻が指定する科目の中から、いずれか1科目のみ解答してください。
・出願時ではなく、試験日当日、試験問題を見てから解答する科目を決めることができます。
(4)2月1日、2月2日とも出願する場合は、両日とも試験を受けてください。
(5)2月1日と2月2日の試験問題は異なります。2月1日に受験した科目の得点を2月2日の学科・専攻の得点として利用することはできません。また、2月2日に受験した科目の得点を2月1日の学科・専攻の得点として利用することもできません。
B方式で複数の学科・専攻に出願できますか?
できます。希望する学科・専攻が指定する試験科目を、大学入試センター試験で必ず受験してください。本学は、大学入試センター試験の自己採点後でも出願できる日程です。
A方式とB方式で同じ学科・専攻に出願できますか?
できます。
A方式の解答形式は記述式ですか?それともマークセンス式ですか?
マークセンスのみの科目は、英語、数学、生物、日本史B、世界史Bです。記述・マークセンス併用の科目は国語、化学です。小論文は記述式です。
A方式Ⅱ期での面接について教えてください。
平成31(2019)年度入試では、個人面接でした。本学の教員は2人以上、面接時間は1人10分程度でした。
一般入試で調査書は選考の対象になりますか?
選考は学力試験の成績および調査書等の総合判定で行いますが、調査書の点数化はしていません。
A方式の選択科目は、いつ選ぶのでしょうか。
出願時ではなく、試験日当日に選択します。受験時にはその時限に選択できるすべての科目の冊子を配付します。
追加合格について教えてください。
入学手続締切日以降、入学手続者に欠員が生じた場合は、繰り上げによる追加合格を行うことがあります。追加合格候補者には電話で連絡します。
一般入試A方式Ⅱ期で過去に実施した小論文のテーマや字数などを教えてください。
平成31(2019)年度に実施した小論文のテーマと字数は以下のとおりです。
●家政学部児童学科児童教育専攻
【資料1】と【資料2】を読んで、あなたの考えを学校教育の視点から800字以上1000字以内でまとめて論じてください。その際に、自分の立場を明らかにして上で、以下の3つのキーワードの内のいずれか一つをテーマにして論じてください。
[キーワード:食育、環境教育、家庭教育]
(解答文は解答用紙のマス目に合わせて横書きで清書すること。あやまって縦書きで答えた場合は、採点基準に満たさないものと見なす。)
※【資料1】、【資料2】については著作権上の制約により掲載することができません。

●文学部コミュニケーション文化学科
 下記の図は、パリに本部のある国際機関である「経済協力開発機構(OECD)」が2011年から発行している『幸福度白書』において、人々の「幸福」の度合いを測る枠組みとして提示されているものである。
 この枠組みは、人々の幸福な暮らしに欠かせない要素として、「生活の質」と「物質的な生活条件」の両面に関する計11の項目を掲げている。また、現在だけでなく将来にわたって、そうして幸福を持続させるために必要な視点として、4つの資源(自然資本、人的資本、経済資本、社会関係資本)を挙げている。
 この枠組みで示されている幸福の校正要素を参考に、あなたが考える幸福や豊かさについて論じた上で、そうした幸福が将来にわたり継続していくために何が必要と考えるか、具体的な例を挙げながら、あなた自身の見解を800字以内で論述しなさい。
(注)
・ワーク・ライフ・バランス:仕事と生活の調和
・ガバナンス:社会的な意思決定の仕組み
・自然資本:自然環境(気候、生態系、資源等)
・人的資本:教育などにより培われる人間の能力
・経済資本:国、企業、国民等の所有する資金や資産
・社会関係資本:人々の間のつながりや信頼関係
※「下記の図」については著作権上の制約により掲載することができません。
面接の方法や内容について教えてください。
下表をご覧ください。
学部・学科・専攻口頭試問プレゼン面接内容
家政
学部
児童
学科
児童学専攻教育・保育への関心の高さを問う質問を含む
社会情報
学部
社会情報
学科
環境情報学
専攻
環境に関する質問を含む
情報デザイン
専攻
情報とデザイン及び情報とシステムに関する質問を含む
人間関係
学部
人間福祉学科本学科で学ぶ動機、日本の福祉の現状に関する知識及び考えについての質問を含む
短期大
学部
家政科食物栄養専攻専門に必要な基礎知識や食・栄養・健康に関する質問を含む