社会情報学部

専攻サイトへ

社会情報学部 社会情報学科
情報デザイン専攻

情報を活用するスキルを磨き豊かな社会をデザインする――。


スマートフォンやソーシャルメディアの普及はわたしたちの生活環境を日々大きく変えています。あふれる情報の中から必要な情報を活用する能力、情報を分かりやすい形で表現する能力が今、あらゆる企業で求められています。最先端の知識や技術を駆使し、豊かな社会をデザインする。わたしたちの専攻で情報を使いこなす能力を身につけませんか。

教育研究上の目的

高度な情報処理能力によって情報システムを具現化できる人材、及びヒューマンスキルに基づいて情報を的確に表現できる人材を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

教育理念

  • 情報や情報処理の基礎的な知識を十分に習得した人材を育成すること。
  • 実社会で適応できる情報デザイン能力を身につけた人材を育成すること。
  • 総合的な判断能力をもって現実の問題を解決することができる人材を育成すること。

求める人

  • 情報システムのデザインに関心のある人。
  • 情報を効率的にたやすく使えるようデザインすることに関心のある人。
  • 大学で学んだことを活かして、
    (ⅰ)SE、プログラマー、ネットワークエンジニア、カスタマーエンジニア
    (ⅱ)映像・Web・グラフィックス・マルチメディア系のデザイン、企画、制作、プロデュースをする人
    (ⅲ)教員、企業内教育者、コンピュータインストラクター、教材クリエーターなど教育に携わる人
    として活躍したい人。

高校での学習について

情報デザイン専攻は実社会で期待される情報デザインの専門職をめざす専攻です。そのために、以下のような能力を伸ばすことを意識し、その基礎となる学習内容をしっかり身につけるように努めてください。

  • 科学的な思考力を養うことのできる教科(数学、理科等)
  • 情報を適切に読み解き、効果的に表現するために有用な教科(国語、美術、情報等)
  • 国際化する社会で広くコミュニケーションをとるために必要な教科(英語、地理歴史等)

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻では、社会で直面する現実的問題を情報として的確に読み解き、整理して発信できる情報デザイナーの 育成を教育目標としています。この目標にそって、知識活用、論理的思考、問題解決、表現、コミュニケーションなどの汎用的能力を培い、社会の問題を総合的に判断して解決できる人材を育成するため、①「情報基礎」科目群の中で大学での学びの基礎や自己のキャリアを考えるための基礎知識を修得するとともに、理論的および技術的知識と基本的情報処理能力を修得する、②「システムコア」及び「デザインコア」から情報デザインに対する各自の関心や目的に合わせて科目を選択することで自己の専門分野を形成する、③卒業研究では、3 年次までに修得した知識をもとに、専門領域の研究に対して自らテーマを設定し、研究計画をたて、調査、分析、考察、発表を行うことによって実践的な力を身につける、という4年間一貫した体系的・集約的な人材育成を行います。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

高度情報化社会において、情報と情報デザインに関する広く学術的知見を身につけた社会に貢献できる女性の育成を目標とします。卒業までに、以下に述べる能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生は、卒業が認定されます。

  • 情報や情報処理に関する知識や技能を持ち、それらを応用する能力。
  • 情報や情報デザインに関する総合的な観点から、現実の問題を解決する能力。
  • 情報をデザインする知識や技能を持ち、実社会で積極的に活用する能力。

授業時間割表