文学部

学科サイトへ

文学部 日本文学科

「日本語」と「日本文学」を通して深い教養と豊かな情操を育成する――。

日本文学科では、日本文学、日本語学、漢文学の各分野における専門教育を進めています。古代から近・現代文学まで、その時代に生きた人々の「ことば」と「文学」を通して、豊かな人間性と教養を身につけ、人間理解を深めます。

教育研究上の目的

日本語と日本文学を通して、人間理解を深め、豊かな教養と人間性を養う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

教育理念

  • 日本文学と日本語を学ぶことにより、日本語表現の多様性を知り、豊かな情操を育成すること。
  • 日本文学や日本語の歴史を理解し、日本社会の持つ個別性と普遍性を知ることにより、現代に生きる私たちの心の支えを得ることで、自立した女性として将来への大きな力を養うこと。
  • 日本語運用能力、プレゼンテーション能力の進展を図ること。
  • 自分とは異なる意見を持つ人々の考えを理解する知的寛容さと柔軟さを兼ね備えた女性として、真の批判力をつけること。

求める人

  • 文学・歴史が好きな人。
  • 日本語の仕組みや様々な表現のあり方に関心がある人。
  • 言葉で考えたり、表現したりすることの好きな人。
  • 文学によって真剣に人生の意味を考えようとする人。
  • 日本文学・文化・芸能に興味関心のある人。

高校での学習について

日本文学科を志望される皆さんには、古文・漢文を含めた教科「国語」の内容に親しみ、日本語で書かれた多様なジャンルの文章に触れておくことを勧めます。また、日本語の文学や文化には、過去にこの国で生きた人々の経験が刻まれているだけでなく、中国や朝鮮半島からのさまざまな影響が指摘されています。その意味で、「地理歴史」(日本史・世界史)での学習内容にも、目を向けて欲しいと考えています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

日本人の心の表現である日本文学。日本文学科は、日本語と日本文学について深い教養と豊かな情操を育成する学科です。「文学」を研究することは、その作品が作者のどのような人生観・社会観を伝えようとしているかを考えることといえます。同時にその様々な思いを伝える手段としての日本語の歴史・特質を学んでいきます。

詩歌・物語・小説・エッセイ・評論等々それぞれの時代に生きた人々の「ことば」と「文学」を通して日本語の美しさや日本人の生活を再発見できるでしょう。さらにそうした各自の「発見」を、他者に向かって発信できる日本語運用能力・プレゼンテーション能力の向上も目標の一つになります。そして豊かな人間性と教養を身につけ、より深い人間理解ができる 感性を備えた女性を育てます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

日本文学科ではグローバル化した日本社会の中で、真に自立した女性として生きるために不可欠な知識と能力の育成を目指します。卒業までに、以下に述べる能力を身につけ、かつ所定の単位を修めた学生には、卒業を認定し、学士の学位を授与します。

  • 文化的リテラシーと教養を身につけ、日本文学・文化・芸術・芸能の伝統を発展的に継承することができる能力。
  • 日本社会の能動的な担い手として活動するために、様々な言説や物事を冷静に分析し、調査し、判断し、その結果を的確に他者に向かって発信できる能力。
  • 他者の考えをしっかり受け止め、自分とは異なる立場、異なる意見を持った人々の考えを理解し、問題解決のために対話を重ねられる能力。

授業時間割表

平成28(2016)年度