文学部

学科サイトへ

文学部 英文学科

英語をステップに専門領域へ、そして世界へ――。

4年間じっくりと英語に取り組むことによって、グローバル化の進む世界のあらゆる領域で必要とされる〈本物の英語力〉を養成します。さらに、英語圏の文学、英語学、英語教育学、英米文化の研究を通して、世界に通用する学生を育てます。

教育研究上の目的

英語とそれを中心とした文学や文化の学修を通して、人間理解を深め、国際性豊かな人材を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

教育理念

  • 英語の4技能(読む・書く・話す・聞く)の基礎を確立する。
  • 英語圏の文学・英語学・英語教育学・英米文化の各領域を学ぶ。
  • 英語を通して、世界と人間の理解を深める。

求める人

  • 英語を専門的に学びたい人。
  • 言葉・社会・文化・文学に関心がある人。
  • 英語を生かし、社会に貢献したい人。

高校での学習について

英文学科の授業を受講するためには、とりわけ次の点に気をつけて準備しておくとよいでしょう。

第一に、「コミュニケーション英語I」「コミュニケーション英語II」「英語表現I」の科目を通し、英語基礎力を確実なものとする必要があります。さらに、自らの英語の力を確認するため、実用英語技能検定準2級以上の資格を取得しておくことを推奨します。第二に、「国語総合」「現代文」の科目を通し、母語としての日本語に熟達することが大切です。第三に、「地理歴史」などの科目を通し、世界の多種多様な文化・民族・言語に目を向けるとよいでしょう。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

4年間を通じて、じっくりと英語に取り組みます。まずは1・2年次で基礎的な英語力を強化し、英語の4技能の向上を目指します。さらに3・4年次で4つの専門領域(英語圏の文学・英語学・英語教育学・英米文化)を深く学びます。

真の英語力を身につけるには、英語圏の人々の言語、精神、文化、歴史、風土などについての理解が必要です。そのような理解を深めることは知性や広い視野や豊かな感性を育成することにつながります。

英文学科は3・4年次で行なうゼミを重視しています。ゼミは少人数で行われ、受身ではなく、自主的に研究を行う場です。英文学科での学びが、精神的に豊かな人生を歩み出せる契機となるように、多様で充実した科目が用意されています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

英文学科では国際化した現代社会の中で、自立した女性として活躍することができるような英語能力と知識と感性の育成を目指します。卒業までに以下に述べる能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し、学士の学位を授与します。

  • 社会で必要とされる英語力を身につけ、それを用いて諸活動に参加する能力。
  • 英語圏の文学・英語学・英語教育学・英米文化を学び、その知識を活かすことができる能力。
  • 物事を論理的・実証的に考え、かつ自分の意見をきちんと表現できる能力。
  • 想像力をもち、異なる文化や多様性を理解し、寛容さを発揮できる能力。

授業時間割表

平成29(2017)年度