文学部

学科サイトへ

文学部 コミュニケーション文化学科


他者とのコミュニケーションを通して広い視野と豊かな人間性を身につける――。

コミュニケーション文化学科は、他者との関わりを通して異文化に対する理解を深めることに力を入れています。互いを尊重し交流する人間関係を楽しむ中で、国際社会で求められる言語力とコミュニケーション力を育みます。



教育研究上の目的

国際性、現代性、学際性をキーワードに、社会・文化をとらえ、国際的なコミュニケーションの場で自立できる女性を育成する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

コミュニケーション文化学科では、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識、意欲をそなえた人を求めます。


  1. 知識・理解
  2. 高等学校までの教育課程を適切に修得し、理解している。
  3. 思考・判断・表現
  4. 知識や情報を積極的に集め、そこから生まれた自分の考えを的確に表現できる。
  5. 関心・意欲・態度
  6. 日本や世界に対して幅広い知的好奇心を持ち続け、大学での学びを卒業後、積極的に社会で役立てたいという意志を持っている。
  7. 技能
  8. 高等学校までの履修内容のうち、日本語及び英語の基礎的能力(聞く、話す、読む、書く)を正確かつ十分に修得し、コミュニケーションに役立てることができる。

[2017年4月11日 改訂]

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

コミュニケーション文化学科では、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた目標を達成するために、次のような教育を行います。


  1. 教育内容
    • (1)深く幅広い知識と教養の修得を目的とする全学共通科目、「異文化コミュニケーション」「メディア・コミュニケーション」を柱とする専門教育科目を体系的に編成し、講義、演習を適切に組み合わせた授業を開講します。
    • (2)「異文化コミュニケーション」「メディア・コミュニケーション」はカリキュラム編成の柱であり、専攻ではありません。学生は、これらの柱で構成された科目群から自由に選択して履修することができます。
    • (3)カリキュラムは、領域横断型に編成されており、1・2年次では、専門分野を決めず、専門分野が異なる専任教員全員によるリレー講義などで広い視野を養い、少人数ゼミでプレゼンテーション、ディスカッションなどを通して主体性を伸ばします。
    • (4)外国語は、主に1・2年次で学び、3・4年次でも発展的に学べます。全学共通科目で英語を必修とし、さらに欧米・アジア諸言語科目の中から選択して履修し、専門教育科目で英語専修・中国語専修に分かれて、実践的外国語運用能力を育みます。日本語は、全学共通科目で、文章表現を必修として口頭表現、読解を選択して履修でき、さらに専門教育科目で口頭表現法を必修としています。
    • (5)専門教育科目では、2年次で、専任教員全員がそれぞれの分野で担当する必修科目を履修し、自らの興味に基づいて卒業研究ゼミを選んで、専門分野を決定します。3・4年次では、「異文化コミュニケーション」「メディア・コミュニケーション」の応用科目を履修しつつ、卒業研究ゼミで卒業論文に取り組みます。また、3年次には、卒業研究ゼミ単位でゼミ合宿や集中授業を行う特殊研究を設けています。さらに、学科の枠を越えて開設されている文学部共通科目群により、文学部の本質探究に基づいた教養を身につけることができます。
    • (6)以上のように、1・2年次で広い視野を養い、3・4年次で深く専門を探究することにより、幅広さと専門性を具えるバランスのとれたT字型人間を育成するカリキュラムとなっています。
  2. 教育方法
    • (1)主体的な学びの力を高めるため、アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法を実施します。
    • (2)1・2年次に開設されている必修の少人数ゼミでは、プレゼンテーション、ディスカッションを取り入れるなど、学生の主体性を育む手法を用い、その中で、課題の気付きを促し、調査・情報収集の方法も考えます。
    • (3)3・4年次に開設されている卒業研究ゼミでは、担当教員が、学生の興味に基づいて、学生の個性を伸ばすきめ細かな指導を2年間にわたり行います。
    • (4)学生と教員でコミュニケーション文化学会を構成し、学生主体で発表会や講演会を企画運営します。
  3. 評価方法
    • (1)GPAをチェックし、数値が高い学生には履修単位の上限を引き上げ、低い学生には別途指導を行います。
    • (2)4年間の学修成果として卒業研究を重視し、複数教員により総合的評価を行います。

[2017年4月11日 改訂]

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

コミュニケーション文化学科では、以下の要件や能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に、卒業を認定し、学士の学位を授与します。


  1. 知識・理解
  2. コミュニケーションと文化を切り口に課題解決を考える本学科では、「国際性」「現代性」「学際性」をキーワードに、以下の能力を身につけます。
    • (1)国際性=世界の異なる価値観を理解し、共生と協働ができる。
    • (2)現代性=歴史を踏まえた現代の文化・社会を理解し、問題の発見と解決ができる。
    • (3)学際性=人文科学・社会科学の基礎知識と手法を身につけたうえで、こうした従来の学問の枠組みにとらわれない自由な発想と分野が開拓できる。
  3. 思考・判断・表現
    • (1)コミュニケーション能力=異文化および価値観の異なる他者とのコミュニケーションにおいて、他者を受け容れ、メディアの情報を正しく読み解いた上で、自分の考えを口頭や文章などで的確に伝えられる。
    • (2)論理構成能力=自ら設定あるいは与えられた課題について、筋道立てて考え、課題の問題点と論点を発見し、表現できる。
  4. 関心・意欲・態度
    • (1)課題解決力=筋道立てて考えた上で、問題点の解決のために自ら行動できる。
  5. 技能
    • (1)社会貢献力=大学での学びを社会で実践し、その発展に貢献することができる。

[2017年4月11日 改訂]

授業時間割表

平成29(2017)年度