文学部

学科サイトへ

文学部 コミュニケーション文化学科

他者とのコミュニケーションを通して広い視野と豊かな人間性を身につける――。

コミュニケーション文化学科は、他者との関わりを通して異文化に対する理解を深めることに力を入れています。互いを尊重し交流する人間関係を楽しむ中で、国際社会で求められる言語力とコミュニケーション力を育みます。

教育研究上の目的

国際性、現代性、学際性をキーワードに、社会・文化をとらえ、国際的なコミュニケーションの場で自立できる女性を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

教育理念

  • 国家の枠を超えた文化・社会現象への関心を深めていくこと。社会で現在おきている問題を見出す能力をつけさせること。従来の学問の分類にとらわれずより広い視野から社会・文化を考える能力を涵養(かんよう)すること。
  • これらの能力を持たせるため、他国の人々との意思疎通と相互理解を行わせる異文化コミュニケーション系およびメディアをとおして意思疎通ができる技法を修得させるメディア・コミュニケーション系で学ばせること。

求める人

  • 強い好奇心とものごとに感動する心をもち、それを行動に移せる人。
  • 英語や中国語などを身につけて国際的に活躍したい人。
  • 外国語能力だけではなく、美しい日本語を話し、書けるようになりたい人。

高校での学習について

コミュニケーション文化学科で開講される授業の内容は、幅広い分野にわたっています。そのため高等学校での学習では、いずれの教科についても基本的な学力を身に付けておくことが期待されます。なかでも異文化コミュニケーション、メディア・コミュニケーションに関する授業が多く開講されていますので、それらの授業で必要となる「聞く力」、参考文献や資料を読解するための「読む力」、レポート等を作成するために必要となる「書く力」、発表の際に必要な「話す力」を身に付けておくことが大切です。

そのため、とりわけ「国語」「外国語」の基本的な力を十分に身につけておいてください。また、授業内容の多くが社会や文化への深い理解を必要とするため、「地理歴史」「公民」の各分野についてしっかりと学習しておいてください。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

戦争や紛争、資源開発や環境破壊、人口爆発と少子化など、現代社会はさまざまな問題を抱えており、そのほとんどは単独の国家だけでは、また従来の学問体系では解決することが困難です。こうした諸問題に、新しい視点からアプローチするのがコミュニケーション文化学科です。

コミュニケーション文化学科では、「国際性」「現代性」「学際性」の3つをキーワードに据えています。国家の枠を超えた文化・社会現象への関心を深めていくこと、現代社会の直面している諸問題を直視すること、そして従来の学問体系や領域にとらわれず、より広い視野から社会・文化を考えること。そのために実践的な科目を豊富に整備して、理論のみならず応用にも重点を置いたカリキュラムを設置しています。主体的な学びを通して、国際的なコミュニケーションの場で自立できる女性を育てます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

コミュニケーション文化学科では、社会人としての 重要な基盤となる異質な集団のコミュニケーションの中で、自律的に言語・知識・情報を駆使して既成の知識や情報を批判的に再構成していく能力の育成を目指します。卒業までに、以下に述べる能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し、学士の学位を授与します。

  • 「国際性」「現代性」「学際性」の3資質をそなえた学生。国家の枠を超えた文化・社会現象への関心を深め、より広い視野から問題を直視することにより、国際的なコミュニケーションの場で自立できる女性。
  • 上記資質を支える a.異文化および価値観の異なるものとの「コミュニケーション能力」、ならびに b.問題点・論点を発見し、筋道立てて考え行動できる「論理構成能力」、の両者を身につけた学生。いずれも、卒業後主体的 に社会に参加していくための必須の能力である。

授業時間割表

平成29(2017)年度