人間関係学部

専攻サイトへ

人間関係学部 人間福祉学科
人間福祉学専攻

やさしいこころと多様な実践力を備えた福祉のプロフェッショナルになる――。

さまざまな生活上の問題を解決するために必要な情報処理能力、生活援助から福祉施設の運営にまで対応できるマネジメント能力を併せ持った社会福祉の専門家を、多彩な実践的授業で育成します。

教育研究上の目的

生活を送る上で様々な課題を持っている人々が、「共生」できる社会を創ることに貢献できる人材を養成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

教育理念

福祉的支援を必要とする人々と共に生き、専門的な知識と技術を身につけ、人々が抱えている問題を当事者の立場に立って解決する能力を養うと共に、自らを高める努力を続ける人材を育成する。

求める人

福祉に興味を持ち、人々の幸せやより良い社会の実現に寄与したいと考え、自らの人生に積極的で、知識や技術の習得に努力を惜しまない人。

高校での学習について

福祉サービスを利用する人の状況について「書かれた情報を読んだり、自分で書いたりする力」や、支援にあたる他のスタッフの話を「聞く力」、そして他人に自分の意見を伝達するための「話す力」が、とりわけ重要となってきます。そのため、高校では特に「国語」の基礎学力をきちんと身につけてくることが求められます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

人間福祉学科 カリキュラム・ポリシー

人間福祉学科では、援助が必要な人々により良い支援を提供するために社会福祉を学びます。生活を送るうえで様々な課題を持っている人も「共生」できる社会を創ることに貢献できる人材の養成を目指しています。

①人間福祉学専攻

社会福祉士、精神保健福祉士の養成を中心に、豊かな学士力を身につけた社会福祉の中核を担う人材の育成を目指しています。

②介護福祉学専攻

介護福祉士、社会福祉士の養成を中心に、豊かな学士力を身につけた介護福祉の中核を担う人材の育成を目指しています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

人間福祉学専攻は、以下の事柄を修得した学生に対して、学士の学位を授与します。

  • 家庭、職場、地域などの様々な単位において、個人として自立する能力。
  • 他者を尊重し相互に助け合う社会を作ることに貢献できる能力。
  • 福祉の価値観や思想を基礎として、他者とコミュニケーションを取り、協調的な人間関係を築くことで、組織の一員としてその組織の使命に貢献すると共に、国際的な視野も持ちながら、組織が抱える様々な問題を解決する能力。
  • 社会福祉や介護福祉等の学問を基盤とした専門性を身に付け、社会福祉の各分野及びさまざまな職業において、将来、中核的・指導的な役割を担うことのできる能力。

授業時間割表

平成28(2016)年度