人間関係学部

人間関係学部 人間関係学部の紹介

人間関係学部は2017年4月に各ポリシーを改正し、これらのポリシーに基づき、2018年度入学生からの新しいカリキュラム編成に取り組んでいます。

人間福祉学科への受験を検討されている方へ



人を思いやる「心」と社会に役立つ「知識」を身につけた、「実践力」のある女性を育てます。

人間関係学部には、社会学専攻、社会・臨床心理学専攻、人間福祉学専攻、介護福祉学専攻の4専攻があります。各専攻の根底には「共生」の思想が流れており、人々がみんな一緒に幸福に生きて行くにはどうしたら良いかを深く考え、実践するための方法を学ぶことができます。

教育研究上の目的

「共生社会」の実現を目指して、さまざまな人々や社会と共存するための知識を学び、人間関係や社会についての洞察力を身につけ、人間の幸福や福祉についての深い理解を修得し、柔軟な想像力・すぐれた問題解決能力・実践力を備えた心豊かな人材を育成する。

人間関係学科

人間福祉学科

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

人間関係学部では、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識、意欲をそなえた人を求めます。


  1. 知識・理解
  2. 人間関係学部の教育に耐える基礎学力を持っていること。
  3. 思考・判断
  4. 自らの人生に積極的で、知識や技術の修得に努力を惜しまない人。
  5. 関心・意欲・態度
    • (1)社会学、社会・臨床心理学、社会福祉学を学ぶ意欲を持っていること。
    • (2)人々の幸せやより良い社会の実現に寄与する意欲を持っていること。
  6. 技能・表現
  7. コミュニケーション力を磨き、グローバルな視点に立ち、他者と協力する姿勢を持ちたいと望んでいること。

[2017年4月11日 改訂]



教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

現代社会は、複雑化し、めまぐるしく変化しています。家庭や職場や地域のあり方、人と人との関係、生活を送る上でさまざまな課題がある人々への支援のあり方など、人間関係に関わる多種多様な問題が山積しています。人間関係学部では、このような問題を改善し、人々が互いの違いを尊重し合い助け合う「共生社会」の実現を目指して、人間関係や社会についての洞察力を身につけ、人々の幸福や福祉についての理解を深め、柔軟な想像力・すぐれた問題解決能力・実践力を備えた心豊かな人材の育成を目標とし、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた目標を達成するために、次のような教育を行います。


  1. 校訓「恥を知れ」を座右の銘とし、自己反省を重ね、常に自己の向上を目指すことができるよう、全教育課程において配慮します。
  2. 深く幅広い知識と教養を修得するため、教養科目等の全学共通科目を設置します。また、人間関係を築き、改善し、研究するため、「人間関係」に関する学部共通科目を設置します。
  3. ジェネラリストとしての知識を身につけるため、専門領域の周辺にある学問を基盤にした科目を設置します。また、スペシャリストとしての知識と技術を身につけるため、社会学、社会・臨床心理学、社会福祉学の学問を基盤にした専門科目を設置します。
  4. 主体的、創造的な問題解決能力の育成及び関係的自立促進のために、少人数及び個別で、双方向性の指導を行います。
  5. コミュニケーション能力を向上させるため、日本語、外国語の科目を設置すると共に、言語や非言語を用いて双方向的にコミュニケーションの体験ができるよう、少人数による科目を設置します。特に英語は、実践的なコミュニケーション能力の獲得を重視し、外国人講師による少人数、参加型の教育を行います。また、より深くそれぞれの学問を学ぶために、言語、文化、地理、歴史、自然科学、情報処理等に関する科目を設置します。

[2017年4月11日 改訂]



卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

人間関係学部では、以下の能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に、卒業を認定し、学士の学位を授与します。


  1. 深く幅広い知識と教養を修得し、自らを高める努力をする習慣と、様々な問題を解決する能力を身につけていること。
  2. 関係的自立を目指しながら、家庭、職場、地域社会、国際社会等において、人々と幸福に共生する資質を身につけていること。人々と共生するための幅広い知識と教養、多様性を受け入れる価値観、コミュニケーション能力を身につけていること。
  3. グローバル化に対応できる基礎的な語学力、積極的なコミュニケーション能力、国際感覚を身につけていること。
  4. ジェネラリストとして、各々の時代が抱える様々な問題を当事者の立場にたって様々な方法で解決する能力を持っていること。また、スペシャリストとして、社会学、社会・臨床心理学、社会福祉学等の学問を基盤にした専門的な知識と技術を身につけていること。

[2017年4月11日 改訂]



学科紹介