家政学部

学科サイトへ

家政学部 食物学科

「食」の専門家として社会に貢献できる人材を育成――。

食と健康に関する科学的な専門知識や技術を学び、食に関わる企画、開発のための創造的思考を培うとともに、自ら率先して行動する力・探究する力を身につけ、栄養士の資格を有する「食」の専門家として真摯な姿勢を持って社会に貢献できる人材を育成します。

教育研究上の目的

「食」の専門家として高度な技術と知識を持ち、社会に貢献できる人材を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

教育理念

  • 健康に対する志向や実践意識が高まっている今日、「食べること」の大切さを十分に理解し、適切な食の選択や科学的な判断に基づいた食行動がとれる栄養士・管理栄養士を育成すること。
  • 食の専門家として高度な知識と技術を身につけて、社会に貢献できる人材を育成すること。

求める人

食と人とのかかわりについて、強い関心を持ち、行動力・体力・気力があり、目標に向かって努力のできる人。

高校での学習について

大学の専門科目で必要となる「化学」「生物」「家庭」の全範囲をしっかり身につけておくことが重要です。 また、大学の教養授業の基礎となる「国語」「英語」「数学」をきちんと学習しておいてください。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

健康に関する志向や実践意識が高まっている今日、「食」の大切さを十分に理解し、適切な食の選択や科学的な判断に基づいた食行動を提案できる栄養士・管理栄養士を育てます。さらに食の専門家として高度な知識と技術を身につけて、社会に貢献できる人材を育成します。

①食物学専攻

「食」の専門家である栄養士の養成を目的とし、栄養士として必要な専門的知識及び技術を身につけ、卒業後、病院、給食提供企業、学校、食品関連企業及び外食産業で活躍できる人材を育てます。また、中学校、高等学校の教職の資格をいかし、教育の場で活躍できる人材を育成します。

②管理栄養士専攻

管理栄養士として必要な専門的知識及び技術を身につけるとともに、特に傷病者に対する栄養指導を行うための高度で専門的な知識及び技術を学びます。卒業後、病院、給食提供企業、学校、食品関連企業、外食産業及び行政機関等で栄養士、管理栄養士、食品衛生監視員、食品衛生管理者などとして活躍できる人材を育てます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

食と健康に関する専門知識や技術を身につけ、人間理解を通して個人ならびに集団の健康増進に寄与し、QOL(生活の質)の高い食生活と健康づくりをサポートする実践能力を修得している。豊かな教養と社会に貢献できる応用力を身につけている。

①食物学専攻

  • 食と健康に関する科学的な専門知識や技術を修得し、自ら探求する力を身につける。
  • 食の専門知識・技術を生かして、企画、開発するための創造的思考力を身につける。
  • 高いコミュニケーション力を有し、個々の諸問題に関して分かりやすい栄養指導・食教育ができる能力を身につける
  • 食の専門家として、真摯な姿勢をもって社会に貢献できる能力を身につける。

②管理栄養士専攻

  • 「食べ物」や「健康」に携わり、人の命を預かる医療職としての使命や責任を身につける。
  • 人の体や機能および病気のメカニズムを知り、健康状態を適切に評価することで、個々人に適した安全で健康に良い食べ物を提供できる運営管理能力を身につける。
  • 身近な人・家庭から地域ならびに社会における人々の健康増進および疾病予防のために適切な栄養教育が実践できる能力を身につける。

授業時間割表

平成29(2017)年度